サ高住

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは?

老人ホーム

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いについて見ていきます。

老人ホームというのは以前からあり、よくご存知の方も多い施設でしょう。中でも有料老人ホームというのは、民間企業が経営していることが多く、利用料も高いイメージが強い施設です。

近年では有料老人ホームといっても、低料金で利用できる施設も多くなっています。どのような有料老人ホームがあるのか、どのように選べばよいのかを知っておきましょう。

1.有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、入所している通常60歳以上、または65歳以上の方に生活サービスを提供する施設です。60歳以上の人が生活しやすい設備などを整え、食事や掃除、洗濯、介護などの提供、健康管理など日常生活を送るうえで必要なサービスを提供します。

施設によって建物の構造や設備、併設する施設、提供されるサービスなどはさまざまですが、基本的には長期間にわたって住むことのできる施設です。

有料老人ホームは健康で自立した生活ができる方、要介護になって介護が必要とされる方、それぞれに適したホームがあります。それぞれのホームで特徴や提供されるサービスが異なります。

1-1.有料老人ホームの特徴

ホームによって詳細は異なりますが、有料老人ホームの特徴としては次のようなことが挙げられます。

1-1-1.健康な方向けのホーム

50室以上の規模が大きいホームが多く、居室にトイレ、お風呂、キッチンなどが付いているマンションタイプが多いです。食堂をはじめ、ラウンジ、図書室、トレーニングルーム、大浴場などの共用施設があり、ホームではバス旅行や音楽コンサートなどのイベント、ビリヤード、ダーツ、卓球、ダンス、絵画などアクティビティメニューも多くあります。

1-1-2.介護が必要な方向けのホーム

50室未満の小規模なホームが多く、居室にはトイレ、洗面台などがあり介護しやすい設備などが整っていることが多いです。共有施設としては、主に食堂やリハビリスペース、浴室があり、アクティビティとしてはドライブや散歩、リハビリ運動、映画鑑賞や園芸、カラオケなどがあります。

1-2.介護付き有料老人ホームの特徴

介護を重要視されるなら、介護付き有料老人ホームが適切でしょう。介護付き有料老人ホームにもタイプがあります。施設内のスタッフを充実させ施設内で介護をする「介護専用型」、要介護者だけでなく健常者もともに受け入れる「混合型」、外部事業者による介護サービスを利用する「外部サービス利用型」があります。

どのタイプにおいても、介護を重視しているので重度の介護が必要な方でも退去の心配がなく、住み続けられる、医療体制が充実している、レクリエーションや設備が充実している、というメリットがあります。

有料老人ホームは要介護度の幅と提供されるサービスの幅が非常に広いので、施設によって提供されるサービスや、提供する形がいろいろです。その点を踏まえてホーム選びをすることが重要となります。

デメリットとしては、費用が高い施設が多いということです。多くのホームで初期費用と月額利用料が必要となり、初期費用は0~数千万円、月額利用料は10~30万円程度といった具合にかなり幅があります。

1-3.住宅型有料老人ホームの特徴

住宅型においては介護付きのホームのように、医療が充実しているホームではなく、自立して生活できる人向けのホームです。介護が必要になった時には、訪問介護なおの在宅サービスを利用することができ、住み続けることができますが、要介護度が高くなると、退去しなければならないこともあります。

軽度の介護が必要な程度であれば、費用も介護付きのホームよりも低料金で、レクリエーション施設などの設備も整っているので、快適に楽しく生活できるのが魅力です。居室には浴室やトイレ、キッチンなどがついていることは多く、共有施設には売店や理美容室、など、生活に便利な設備が用意されていることが多いです。

住宅型のホームでも、スタッフによる見守りや食事、掃除、洗濯などのサポートや緊急時の対応などをしてくれますので、安心です。

1-4.有料老人ホームの費用の違い

有料老人ホームは施設によって費用に大きな幅があるのが特徴です。費用の違いはどこから出てくるのかというと、費用が高いホームは居室が広い、カラオケルームやフィットネスジム、ラウンジなど共有スペースが充実している、食事において栄養や味などに力を入れている、スタッフの数が充実している、アクセスが便利、といった点の違いです。

一方で費用が安いホームになると、部屋が狭い、共有施設がそれほど充実していない、スタッフの数が最低限である、立地が悪いなどといったことが多いです。

入居一時金や月額利用料が高いホームは確かに豪華で生活もしやすいでしょう。近年では入居一時金などがない、という費用が安い有料老人ホームが増えていますが、安いからといってサービスが悪い、居心地が悪い、ということではありません。

2.まとめ

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いについて見てきました。

実際に見学などをしてみると、予想以上に快適に暮らせるということもあります。予算をはじめ、介護の点などを考慮し、自分のライフスタイルなどに合わせたホーム選びをしましょう。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)には生活保護受給者も住める?

sakoju-livelihood-protection

高齢化が進む現代社会では、お金の問題も多く発生してきています。65歳で定年退職を迎えた方は国から年金が支給されることになりますが、これだけでは生活ができないという人も少なくはありません。その場合、生活保護をもらうことで不足分を補うことになるでしょう。

しかし、生活保護を受けていると、それだけで負い目に感じてしまう方も多く、外に出るのが億劫になってしまう人が意外と多いです。なかには、「生活保護を受けていても、サービス付き高齢者向け住宅に住むことは可能なのか?」という悩みを抱える人もおり、問題は深刻です。そこで、ここではひとつの参考となるように、生活保護とサービス付き高齢者向け住宅の関係性についてご紹介していきます。

生活保護とサ高住の料金

生活保護の仕組み

生活保護は基本的にお金の使い道が決まっています。使い道は、生活と住宅、教育、医療、介護、出産、生業、葬祭の全部で8種類に分けられており、それぞれに必要な額だけが支給されることになります。なかでも生活に関連する「生活扶助」と「住宅扶助」は、大切な項目なので、ここだけをピックアップして見ていくことにします。

まず、生活扶助は日々の生活に必要な費用に対する現金支給で、水道光熱費や衣食費といったお金がこれに該当します。また、介護施設に入っている場合は介護施設入所基本生活費が支給されることになります。

次に住宅扶助についてですが、こちらは家賃や地代が該当します。実際に必要となる費用が支給されることになりますが、限度額は定められており、地域ごとの家賃相場などを考慮した上でいくら支払われるかが決まってきます。ここで大事なことは、住んでいる地域によって地価や賃貸料の相場が変化することから、生活保護で得られる金額は人によって異なるという点です。

サ高住の賃貸料

サ高住の賃貸料は地域によって異なり、都会に近ければ近いほど、料金も高くなる傾向にあります。結論から言ってしまうと、生活保護によって得られる生活扶助や住宅扶助の金額内で、サ高住の賃貸料を支払うことができるのならば、入居しても問題はありません。むしろかなりおすすめできます。アパートなどの一般的な住居とほぼ同じ扱いとなっているので、生活環境に悩まされることもないでしょう。

ただし問題なのは、賃貸の料金が生活保護により支給されるお金で支払えないことが多い点にあります。サ高住の賃貸料はサービスが付けられている分、一般的な住居と比較すると割高になっており、生活扶助や住宅扶助の限度額内には収まらないケースがほとんどです。勿論付けられているサービスはサ高住によって質が異なりますので、これによっても賃貸料が異なってきます。最低限のサービスしか提供してくれない分、料金が安いという住宅もありますし、高い質のサービスが提供されていて、その分費用がかかるということもあります。サ高住や有料老人ホームの中には、生活保護を受けながら入居を希望する際には、特別に割引を行ってくれる事業者もありますので、根気強く探してみてください。

手続き方法等について

今住んでいる地域にあれば

生活保護は現在住んでいる地域によって支給されることになりますので、住む場所を変えれば移り住んだ地域に保護をしてもらわなければなりません。今住んでいる地域にサ高住がある場合には、支給元も変わらないわけですので、限度額内であれば問題無く転居することが可能となります。この場合は、地域に設置されている福祉事務所の職員に相談すると、比較的簡単に転居手続きを行うことが可能です。まずは窓口に相談することから始めることをおすすめします。

他の地域に転居する場合

問題は、現在の地域にサ高住が無く、他の地域に移り住んで生活保護を受ける場合です。この場合には移管の手続きをしなければならず、移り住む予定の地域にある福祉事務所に移管の申請をしなければなりません。

また、現在受けている保護を継続するという方法があります。前に住んでいた地域から受給しながら転居をすることも可能ですが、この場合にも福祉事務所へ申請をしなければなりません。

どちらにしても、福祉事務所との連携は必要不可欠となりますので、必ず相談をするようにしてください。諸事情によって相談よりも転居が先になってしまった場合にも、保護を受けることは可能なので、事後報告であったとしても必ず連絡は取るようにしましょう。

サ高住は制度上、アパート等の一般的な賃貸住居とさほど変わりは無く、生活保護を受けていたとしても入居することは可能です。ただし、住まいや生活に対して支給される金額には限度がありますので、サ高住に住むためには支給限度額内であることが絶対的な条件となります。必要となる手続きは、生活保護を支給してくれる地域の福祉事務所に相談することで解決できますので、サ高住への転居を考えている際には、まず事務所のケースワーカーへの連絡してみてください。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)での生活にかかる費用まとめ

サ高住の費用

快適に安心して老後の生活をしたい、という希望をかなえるためには、介護サービスが充実し、長く住み続けることのできる住宅に住むことです。専門家のケアのもと、緊急時の対応などもしっかりしているところであれば、ご家族も安心ですよね。

しかし、そういった有料老人ホームは非常に高い費用がかかります。その点において、サービス付き高齢者住宅であれば、そこまで料金がかかることはありません。そうはいっても気になる利用料金。一体いくらくらいあれば安泰な老後を過ごせるのでしょうか?

サービス付き高齢者向け住宅で最初に払う金額は?

有料老人ホームでは高いところだと、数百万円や数千万円も用意しなければならないこともありますが、サービス付き高齢者住宅には、初期費用は0円というところもあります。ただ、すべてがそうではなく、なかには敷金がかかる場合も。礼金は徴収してはいけないことになっているので、かかるのは敷金のみ。家賃の2~6カ月という場合が多いようです。

また、支払い方法にも関係してくることですが、居住費の支払い方法には、月々支払っていく月払い方式と入居時に居住費やサービス利用料を一括、または一部を支払う前払い方式があります。入居期間によって支払い総額に違いが出たり、退去する場合の返還金などに違いが生じたりすることがあるので、しっかりと確認することが大切です。

月にどれくらいかかる?

月に支払う金額は基本的に次のような内容になります。

賃料……5万~10万円

賃料は地域の家賃と同じ程度の価格設定になります。都心部やアクセスのいい場所は高くなることが多いです。

共益費……2万~3万円

食堂やレクリエーション室など共有スペースが多いので、通常の賃貸住宅よりも高い傾向にあります。

水道光熱費……1.5万円程度

個室の場合は水道光熱費がかかります。個室でない場合は、共益費などに含まれていることが多いです。

食費……4万~5万円

食堂などを利用した場合にかかる金額です。通常は昼が300~500円、夜が500~1000円前後というところが多いです。自炊の場合は、自分で買い物をした分がかかります。

サービス支援費……2万~5万円

ケアの専門家が日中常駐し、居住者の安否確認と生活相談サービスを提供します。つまりサービス支援費とは、ほぼ人件費です。介護保険でカバーしきれないサービスを別途提供するというケースもあります。

介護保険費用……0~4万円

自立している人にはかからない費用ですが、要介護認定を受けている人が介護サービスを利用した場合は1割の自己負担が必要です。

医療費……1万円程度

サービス付き高齢者向け住宅は、介護・医療サービスについて外部と契約することが多いです。なかでも訪問医との契約が多く、月に2回ほどの検診で1割負担だと5,000円程度です。

オムツ代……0~2万円

オムツが必要になった場合はオムツ代がかかります。

このほか、レクリエーション代や理美容代、電話代、交通費などがかかります。

利用料金で注意したい点

月にかかる利用料金の中で特に注意したいのは、サービス支援費などサービスへの対価として支払う費用です。

基本的に介護保険の対象外となるサービスの費用や限度額を超えるサービスの費用は全額を負担することになります。自分が受けなければならないサービスが介護保険の対象となるかを確認するとともに、入居を希望するサービス付き高齢者向け住宅において、どのようなサービスに対して費用を払うのか、という点を確認しましょう。

サービス支援費は住宅によって考え方が異なるので、詳細をチェックしてみてください。

契約終了時にかかる費用

契約終了時に必要となる費用の一つに、原状回復費用があります。通常は、年月が経ったことに伴う劣化なので事業者が負担するものですが、入居者の過失や故意による汚れや破損などに関しては、費用を請求されることがあります。どのような場合に費用が発生するのか、契約時に確認することが大事です。

また、前払い方式の場合、入居期間などによって前払い金の一部が返還されないこともあります。事業者によって返還金の算出方法が異なるため、注意したいところです。一つ覚えておきたいのは、入居から3カ月以内に契約が終了した場合には、入居期間中の家賃や食費などを除いた全額が返還されることが、法律において決まっているということです。

有料老人ホームに比べて安いのが魅力のサービス付き高齢者向け住宅ですが、費用については事業者ごとに異なります。特に介護サービスの利用などにおいては、自分に合ったところを選ばないと必要のない利用料を支払ったり、かえって高くついてしまったりすることもあります。また、共有スペースが充実しているサービス付き高齢者向け住宅や設備や環境が整っている、部屋が広いなどといったところは利用料金も高くなる傾向にありますので、自分の希望と費用計画を考慮し、適切なサービス付き高齢者向け住宅を選ぶようにしてくださいね。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)でサービスに食事は含まれる?

サ高住の食事

サービス付き高齢者向け住宅での食事は、基本的に必要なサービスとして法的には決められていません。しかし、それぞれの施設によって趣向を凝らしてあったり、必要に応じて選択できるようになったりしています。食事は人が生きる上で非常に大切なものですから、入居する前にどのようなサービスが受けられるかを慎重に調べておく必要があります。

設備は多岐にわたる

サービス付き高齢者向け住宅では、入居者が自分自身で生活を楽しむことができるようになっています。介護認定が軽度の人や、介護や生活の介助があまり必要とはなっていない人が主に暮らしており、食事や日常の身の回りのことなどは自分でするという人が多いです。つまりは、自宅での生活と同様の暮らしが可能であり、好きなものを好きな時に食べられる自由度があるのです。そのなかで、最低限の安全と健康の管理をしてもらえるので、安心して生活できる点がサービス付き高齢者向け住宅の最大のメリットといえるかもしれません。

設備面では、居住スペース内にキッチンが設置されていたり、共同エリア内に調理スペースが設置されたりしており、それぞれの施設によってさまざまなパターンがあります。自分で食事を作れるのはもちろんですが、管理が必要な疾病を持っており、自分で適切な準備をすることができない場合には、特別なサービスを利用することも可能です。施設内に備えているところから、外部に委託しているところまで、その方法もさまざまですので、事前にしっかり確認しておきましょう。

サービス内容と料金

食事サービスは、サービス付き高齢者向け住宅の運営に際して絶対条件とはなっていません。あくまでオプションサービスをしての範囲であるため、施設ごとのサービス幅や内容はさまざまです。食事は、栄養として必要なだけではなく、人生の喜びのひとつでもあります。そのため、入居を決めるにあたっては、この点に力を入れているかどうかの確認を欠かさないようにしましょう。

メニューは重要

高血圧、糖尿病のカロリー、塩分制限などの療養食から、ミキサー食やきざみ食、おかゆなどのメニュー、こういった細かい食事内容も施設によってまったく違います。施設内にサービスが備わっているところは、栄養士が常駐しているか、三食対応してくれるかなどをポイントに、外部の場合はメニューなどを知っておくと良いかもしれません。

また、サービスがどのように行われるかも確認が必要です。個々の居住スペースで食事を取ることになるのか、共同の食堂があるのか、さらに食事の時間についても注意が必要です。自分たちの時間に合わせて自由に取れるシステムのところもあります。たとえ当初は自炊を基本と考えていても、状況は変わることもあります。できれば、試食や体験入居などで実際に味わってみると良いかもしれません。

料金

料金は、利用した分だけを支払うのが基本です。ホームなどとは違い、1食から利用できることが多くなります。施設によっては食費があらかじめ家賃などの毎月の経費の中に組み込まれていることもあります。その場合でも、内訳として消費がいくらかを知ることができますので、適正な料金であるかを調べておきましょう。概ね一日あたりの食費は1500円前後の場合が多く、1食あたり300円から500円前後となっています。

自由度の高いサービス付き高齢者向け住宅のくらし

自立した生活が可能な人の多く暮らすサービス付き高齢者向け住宅では、日常生活での自由が大きく、食生活も比較的自分の裁量で決められる部分が多くなります。サービスを受けるかどうかだけでなく、自炊したり外食を楽しんだりすることも出来る場合が多いようです。

外食とサービス

外食を楽しんだり、自由に食事を選んだりするのは、どんな人にとっても快適な生活をする上での権利です。安全に外出が出来る人であれば、外食を選択することもできるでしょう。食事サービスでは、共同スペースでの談話を楽しみながらすることもありますが、施設によっては通常のレストランと同様な運営をしていることもあったり、入居者であるなしに関わらず入れたりする食堂を持っている場合もあります。

嗜好品の取り扱い

食事の他にも口にすることで楽しめる嗜好品は人生の楽しみのひとつです。お酒やタバコなどがそれにあたります。プライベートな空間も確保しやすいサービス付き高齢者向け住宅では、これらの嗜好品を楽しむことを認めているところもあります。ただ、タバコは居室内を汚すことにつながるため、禁止となっているところも少なくありません。入退去時にクリーニング費用等を請求されることもあるため、タバコのルールについては入居する前に問合せをしておいたほうが安心です。お酒に関しては、外出先やプライベートな居室内のみとなっていることもあります。

サービス付き高齢者向け住宅での食事サービスは、それぞれの入居者の状況や暮らし方に応じて臨機応変に利用することができます。こうしたサービスを利用することなく自炊をしたり、外食を楽しんだりする人もいます。食事は生活の豊かさに繋がる大切なものですから、サービスの利用しやすさを重視した選択が必要となるでしょう。

グループホームとはどんな施設なのか?8つのポイントから解説

グループホーム

グループホームについて見ていきます。

認知症高齢者グループホームは、認知症の人の増加にともない、施設数を増やしています。

しかし、「グループホーム」と聞いても具体的なイメージがわかない方も少ないないのではないでしょうか?

そこで、グループホームについて、

  • グループホームとは?(概要)
  • サービス
  • 設備
  • メリット・デメリット
  • 選び方
  • 費用
  • 入所条件・利用対象者
  • 入所手続き

といった8つの内容にわけて解説していきます。

認知症の人のご家族など、グループホームに興味をお持ちの方はご参考いただければと思います。

1.グループホームとは?

グループホームの共同生活

  • 認知症の人のための共同住宅
  • 1ユニット9人までの「ユニット制」
  • 認知症の進行をゆるやかにする
  • 認知症の人の家族の負担軽減

グループホームとは、認知症の高齢者の方が共同生活を送るための介護施設です。

認知症の人だけではなく、介護を行うためのスタッフも一緒に生活を送ります。

入居者は少人数(5~9人)単位のユニットでの生活が基本となっていて、現在では最大2ユニット(18名)までの施設しか認められていません。

この人数には介護スタッフも含まれます。

認知症の人たちにも自分でできることは自分でやるようにしてもらい、認知症の進行を少しでも遅らせることが目的となっています。

また、専門スタッフが常駐しているため、家族が安心して預けることができ、家族の介護負担を軽減してくれます。

認知症対応型共同生活介護、認知症高齢者グループホームとも呼ばれます。

2.グループホームのサービス内容

グループホームのサービス

グループホームでは以下のようなサービスがあります。

  • 基本的介護サービス
  • 生活(食事・掃除・洗濯など)支援サポート
  • 機能訓練(リハビリ・レクリエーションなど)
  • 緊急時の対応

認知症に理解のある専門のスタッフと共同生活を送りますが、できるかぎり自分たちのことは自分でやれるようにするため、スタッフはそのサポートをすることがメインとなります。

また、グループホームでは医療行為は原則として行いません。

そのため、常に見守りを必要とする重度の認知症の人は受け入れしないことも多いです。※施設によります

2-1.グループホームでの一日の流れ

各施設によっても異なりますが、以下にグループホームでの一日の流れの一例を紹介します。

■朝

  • 起床
  • 健康チェック
  • 朝食(準備~片付け)
  • 散歩

■昼

  • 昼食(準備~片付け)
  • レクリエーション
  • 昼寝
  • 入浴
  • おやつ
  • 健康チェック

■夜

  • 夕食(準備~片付け)
  • 趣味
  • 共同生活者との団らん
  • 就寝(午後9時頃)

3.グループホームの設備

グループホームのレクリエーション

グループホームの基本的な設備は以下の通りです。

  • 居室(個室・準個室)
  • 食堂(キッチン・ダイニングルーム)
  • リビング
  • トイレ
  • 浴室
  • リハビリ・レクリエーションルーム
  • 健康チェックルーム
  • 洗濯室

自室となる居室を除くと、基本的な設備は共同になっています。

居室内にトイレやキッチンがないグループホームが多いです。

4.グループホームのメリット・デメリット

グループホームのメリット

グループホームを利用する上での、入居するにあたってのメリットとデメリットについて見ていきます。

4-1.グループホームのメリット

  • 認知症の専門スタッフが常駐
  • 認知症のためのレクリエーションやリハビリが充実
  • 少人数のためお互いのことがわかる・覚えておける(家族も)

グループホームは専門スタッフが常駐しているため、認知症の人にとっては安心して過ごせる介護施設です。

特に、認知症の進行を遅らせるために、日々リハビリやレクリエーションが行われます。

また、1ユニット最大9人という少人数での共同生活のため、基本的に顔見知りの人たちとやりとりができます。

4-2.グループホームのデメリット

  • 費用(利用料)が他施設に比べやや高め
  • 医療行為には対応していない
  • 重度の認知症の場合、入居できない(退去を求められることがある)
  • 入居条件がやや厳しめ

月額費用は概ね15~30万円がかかり、他の介護施設と比較しても決して安いとはいえません。

また、認知症の人を対象とした施設ではありますが、医療行為には対応していないため、重度の認知症の場合はそもそも入居ができません。

入居後に症状が進行した場合も、退去を求められることがあります。

5.グループホームの選び方

グループホームの選び方

グループホームを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 必ず見学に行く
  • 清潔さ(ゴミの有無・ニオイなど)を確認
  • スタッフの対応を確認
  • 料金の内訳を確認
  • 入居状況を確認

それぞれについてどのようにチェックしていくかを解説していきます。

5-1.必ず見学に行く

広告やインターネット情報だけで入居を決めてしまうと、入居後にトラブルになるケースが非常に多くなります。

5-2.清潔さ(ゴミの有無・ニオイなど)を確認

見学に行った際に、

  • 床にゴミが落ちていないか
  • 嫌なニオイがしないか
  • 施設内の植物が手入れされているか

などをチェックしましょう。

清潔さが保たれていない施設は、入居者への対応も蹴っ知ってい良いとはいえません。

5-3.スタッフの対応を確認

  • 入居者にどのように接しているか
  • 見学者(自分)にどのように接しているか

両方の観点で、気持ちよく過ごせそうかどうかをチェックしましょう。

5-4.料金の内訳を確認

聞きづらいことかもしれませんが、

  • 月にいくらかかるのか
  • 施設費に含まれるものと含まれないもの

をしっかり確認するようにしましょう。

確認しておかないと、実際の入居後に考えていたよりも費用がかかってしまうということがあります。

5-5.入居状況を確認

空きが多い場合、入居のチャンスではありますが、その施設が「人気がない」ということもいえます。

同じ地域内で入居状況に差がある場合は、「待機者がいる・多い」方が無難であるかもしれません。

入居を急いでいないのであれば、人気のグループホームを選びましょう。

6.グループホームの費用

グループホームの費用

グループホームでは、入居の際の初期費用と、毎月の月額費用がかかります。

関連記事:グループホームにかかる費用はどのくらい?

6-1.グループホームの初期費用

入居時にかかる初期費用は「入居一時金」とも呼ばれます。

まったく初期費用がかからないグループホームもあれば、数百万円がかかるところもあります。

初期費用が高めに設定されている場合、その分、月額費用が低めに設定されているケースがあります。

6-2.グループホームの月額費用

毎月かかる費用です。

平均すると15~30万円の範囲内の施設が多いようです。

7.グループホームの入居条件・利用対象者

グループホームの利用対象者

グループホームに入居するためには、以下の条件を満たしていることが条件となります。

  • 65歳以上
  • 要支援2または要介護1以上
  • 認知症
  • ある程度の自立ができ、共同生活に支障がない
  • グループホームと同じ市区町村に住民登録している
  • 収入や資産などが少ないほど優遇されやすい

施設によっては、この他に条件を課していたり、逆に条件をゆるくしているところもありますので、まずはお住まいの自治体や各グループホームに問い合わせされることをおすすめします。

8.グループホームへの入所手続き

グループホームの手続き

各グループホームに直接入所の申し込みをします。

申込書を提出の後、グループホームスタッフの面談を行います。

グループホームによって必要書類は異なりますが、

  • 住民票
  • 健康診断書
  • 所得証明書
  • 診断書

などの提出を求められます。

9.グループホームは地域密着型サービス

地域密着型

グループホームは地域密着型サービスのうちの一つです。

「そこに住む人が、快適で安全で健康にすごせるように」ということを目的としたサービスです。

「転居」というのは、年の若い人であっても大変な負担を感じることですが、認知症などを患った人が引っ越す場合というのは、特に大変です。

このような負担を軽減することも目的として、「自宅や、その周りの生活圏内で介護を行って行こう」という考えのもとで提供されています。

家族もお見舞いなどがしやすく、「生活の場」が大きく変動しないというメリットがあります。

10.まとめ

グループホームについて見てきました。

グループホームの8つのポイント
●グループホームとは?(概要)
●サービス
●設備
●メリット・デメリット
●選び方
●費用
●入所条件・利用対象者
●入所手続き

増加が続く認知症への対策という目的も持ったグループホームは、認知症の人への対応が優れている介護施設です。

その反面、入居条件がやや厳しめであり、月額費用も安いとはいえない施設です。

メリット・デメリットをよく把握し、他の介護施設と比較の上、入居を検討すると良いでしょう。

老人ホームのレクリエーションが持っているとても大切な3つの目的

レクリエーション

老人ホームに足を踏み入れたことがない、という人は、「老人ホームは、介護や身の周りの世話をしてくれるところだ」と思っているのではないでしょうか。もちろんこれも老人ホームが持つ重要な役割ですが、それ以外にも、「レクリエーションを行う」という役割があるのです。

1.老人ホームでは高齢者のためのレクリエーションが行われている

もしあなたが生活するとして、「食べるものもあり、身の周りの世話もしてもらい、入浴などにも不便を感じないけれども、毎日何の刺激もなく、起きて、ご飯を食べて、寝るだけ」という日常に耐えられるでしょうか?

これは極端な例ではありますが、人間が人間らしく生きていくためには、衣食住が満たされることだけでなく、「刺激」が必要になります。それの一つが「レクリエーション」です。

2.レクリエーションには大切な3つの目的がある

老人ホームで行われるレクリエーションには、大きく分けて3つの目的があります。

  1. 身体機能の維持と向上
  2. 脳の活性化
  3. コミュニケーション・趣味の創出

それぞれについてみていきましょう。

2-1.身体機能の維持と向上

筋肉は使わないとどんどん落ちていきます。高齢者が転倒して骨折をし、それが引き金となってねたきりになる、というのは、それほど珍しいことではありません。手足の筋肉を維持するためにも、適度に動くことのできるレクリエーションは非常に重要なのです。

2-1-1.高齢者は運動量が不足しがち

年をとると、すべての行動がゆっくりになります。また、何かをするのにも非常に時間がかかります。このため、周囲の人がよかれと思って先回りしてしまったり、高齢者自身が周りの人に頼ってしまったりします。もちろん無理をする必要はありませんが、このような生活をしていると、運動量が全体的に不足してしまい、上であげたような、「筋肉量の低下」を招いてしまいます。

2-1-2.適度な運動は良質な睡眠をもたらす

高齢者に限ったことではありませんが、体を動かすということは、肉体に心地よい疲労を与えることにつながります。この「疲労」は、良質な睡眠をもたらしてくれます。よく、不眠症の解消策として、有酸素運動などの運動がとりあげられますよね。これは高齢者においても同じです。

2-2.脳の活性化

レクリエーションがもたらす大きなメリットは、この「脳の活性化」です。具体的な例を挙げてみていきましょう。

2-2-1.考える場を創出し、脳を活性化させる

「考えること」は、脳を活性化させることに役立ちます。政治家や物書きなどは常に頭を使い、新しいことに取り組んでいるからか、認知症になりにくいとも言われています。もちろんすべてがこのケースにあてはまるわけではありませんが、「考えること」「手などを動かして取り組むこと」は、脳に良い影響を与えます。

2-2-2.脳の活性化は認知症の予防や認知症状の進行を遅らせることにつながる

1400人以上を対象に行われた調査結果(フィンランド)では、「趣味を持っている人は記憶力などが長く保たれる」ということがわかりました。

また、心理学者のランガーとロウディンの研究では、「◯◯をしましょう」というように「指示」するよりも「今日はどんなことをしたいですか?」と「問いかける」方が、積極的な姿勢などが向上する、という結果が出ています。その差は70%以上にもなります。

レクリエーションのなかでも、「自分で選択し、積極的に取り組む」というレクリエーションは特に有用だという証拠にもなっています。

2-3.コミュニケーション・趣味の創出

さらに、レクリエーションには「コミュニケーションを保つ」という目的もあります。

2-3-1.コミュニケーションは社会参加のきっかけになる

現在では、「高齢者と子どもとの触れ合い」を謳い、園児と高齢者が積極的に関わるというイベントをやっているところもあります。上でも軽く述べましたが、趣味を持つことや社会とかかわりを持つことは、認知症の予防に役立つと考えられています。

3.ジャンル別ごとのレクリエーション

レクリエーションにはさまざまな種類があります。それについてみていきましょう。

3-1.身体を動かすレクリエーション

ダンスなどがこれにあてはまります。無理をする必要はなく、その人その人の身体機能にあわせたやり方で行います。

3-2.頭を使うレクリエーション

パズルや感じのゲームなどがこれです。認知症の予防及び進行防止に特に役立つと言われています。しかし、あまりにも難しすぎるものは逆にストレスとなりますから、ゲームを行う介護者の方は、その人の状態をきちんと把握する必要があります。

3-3.社会貢献につながるレクリエーション

上であげた、「子どもとの触れ合い」などがこれにあたります。よく、「昔の遊びを、おじいちゃんおばあちゃんに習おう!」というものがありますよね。また、手作り品をバザーなどで売るのも、ここに分類されます。

4.ロボットによるレクリエーションとは?

最後に、ちょっと不思議なレクリエーションである、「ロボットとの交流」について紹介しておきましょう。

4-1.会話のできるコミュニケーションロボット・PALROとは

コミュニケーション・PALROは、富士ソフトが生み出したロボットです。このロボットは、「会話できるロボット」であることが最大の特長です。話しかけたら答えてくれ、「踊ってみて」と言われるとダンスをしてくれます。食事に関する豆知識を持っていたりするなど、まるで人間の介護者のように、「ぬくもりのある対応」を返してくれる介護ロボットであり、現在大きな注目を浴びています。

4-2.PALROの活躍

「しゃべること」「コミュニケーションをとること」は、認知症を予防する上で非常に重要です。口を動かすことによって、口の機能を正常に保つことにも役立ちます。彼の踊るダンスがかわいらしく、自分も一緒に踊ってみたくなる、という人もいるのではないでしょうか。

介護される側には、確かな温かさのある対応が。介護する側には、レクリエーション機能の搭載による介護予防の効果を見込めるという利点があります。

日本のロボット技術は世界でも高い評価を受けていますが、PALROの存在は、そのロボット技術と長寿国第一位であるという医療(介護)技術が巡り合ったことにより生み出されたものなのかもしれません。

5.まとめ

人間が人間らしく生きるために、そして健康的に生きるために、レクリエーションはかかせません。運動・頭脳・社会参加、3つの観点からレクリエーションを考え、実施しましょう。また、近年着目されている、介護予防のロボットの能力も知っておくとよいでしょう。

参考:
http://palro.jp/
『マンガで分かる心療内科』第36回「認知症にならない、3つの方法」後編

「特養」と「老健」はどう違う?理解しておきたいその違いとは?

特養と老健の違い

専門的な知識がないと、福祉施設の違いというのは分かりにくいものです。そこでここでは、この2つの違いに焦点を当ててみていきましょう。

1.そもそも「特養」と「老健」って何?

特養も老健も、両方とも、高齢者を対象とした施設であることは共通しています。また、いずれもこれが正式名称である、ということではなく、略称です。しばしば並列して語られるこの2つですが、その性質には大きな違いがあります。

1-1.「特養」とは(特別養護老人ホーム)?

まずは、「特養」についてみていきましょう。正式名称は、「特別養護老人ホーム」です。

1-1-1.施設の概要

特養のもっとも大きな特徴は、「死ぬまで入っていられる」ということです。介護つきの施設であり、要介護度が進んだ人であっても利用できるうえに、退所を迫られる可能性が極めて少ない、という特徴を持っています。

1-1-2.入所の条件

特養は、今年(2015年)とそれ以前では、入所の条件が異なります。今までは要介護1以上(つまり「要支援」以外)が対象でしたが、2015年からは要介護3以上が対象となります。ただし、重い認知症の人でも受け入れるという方針を、上の見解が出されたのと同時に(2013年)厚生労働省が固めました。

1-1-3.主な設備

さて、このような特養にはどのような設備があるのかも見ていきましょう。
一概には言い切ることができませんが、基本的には相部屋形式が多いようです。施設には入浴設備や食堂などが設けられています。介護度が進んだ人が多いわけですから、入浴設備やトイレなどにも配慮がなされています。病院との連携も図られています。

1-2.「老健」とは?

老健というのは、「介護老人保健施設」の略称です。「特養」と何が違うの?ということから考えていきましょう。

1-2-1.施設の概要

老健と特養のもっとも大きな違いは、「リハビリテーション」に見ることができます。特養は「最後の住処」という性格が強く、機能訓練室などはあるものの、それほど積極的ではありません。しかし老健の場合は、「機能を回復して、家で介護ができるようにすること」を最終的な目的としています。そのため、入所期間の精査は3か月に一度の頻度で行われます。

1-2-2.利用の条件

要介護度1以上で入ることができます。この点も、特養との違いです。認知症も対応していますが、「入院の必要がなく、かつ、症状が急転する可能性が少ない」かどうかも問われます。

1-2-3.主な設備

設備に関しては特養とそれほど大きな違いはありません。リハビリを前提とする施設のため、それ用の部屋は用意されています。

2.特養と老健の違い

上でも、ところどころで触れてきましたが、ここからはさらに、「2つの違い」に焦点を絞りましょう。

2-1.施設の目的

特養が、「最後のときまで心穏やかに過ごすこと」を目的として作られた施設であるなら、老健は「ここを出て、家でみられるようにするまで機能回復をすること」を目的として作られた施設である、と言えます。この「目的の差」は非常に大きいです。

2-2.施設の(医療)スタッフ

医療スタッフに関しては、「その施設、その施設による違い」がある、と考えるべきでしょう。しかし老健の場合はリハビリを目的としていますから、理学・言語・作業療法士などがその指導を担当することになります。

2-3.違いを押さえ、目的に沿った施設を選択しよう

このような「特養と老健の違い」というのは、老後の生活の場を考えるうえで、とても重要なポイントです。その差を明確化するとともに、本人や家族にとって望ましい施設を選ばなければなりません。

3.現状と問題点

ここからは、それぞれの施設の現状と問題点について考えていきましょう。

3-1.特養の現状

厚生労働省が入所の介護度の条件を引き上げたところからもわかるかもしれませんが、非常に長い待ち時間が必要となります。しかし、1か月で数万円~十数万円程度で入ることができるというメリットがあります。

3-2.特養の問題点

「入所待ち」が起きているのが大きな問題です。また、経済状況や介護度合によって入所速度が左右されます。このため、「空きのある有料老人ホームに入れるほどのお金はない、しかし経済的に優先してもらえるほど貧しくもない。自分たちで見られないこともないけれど、今まで分担して介護をしていた姉の仕事が忙しくなった」というような、「中流層」の場合、早い段階で申し込んでいてもなかなか入所が認められない、ということもあります。

3-3.老健の現状

老健は特養ほどには入所が難しくなく、「特養に入れない人が老健を渡り歩く」という状況が起きているほどです。もちろん、施設や地域によってはこの限りではありませんが、特養に入れない、という人でも老健には比較的入りやすいと考えられています。

3-4.老健の問題点

「なぜ特養よりも老健の方が入りやすいか」というのが、そのまま、老健の問題点にもつながります。老健の場合、3か月ごとに入退所の判断が行われるため、「居続けること」ができないのです。

4.知っておきたいサービス

さまざまな問題点があるとはいえ、それでも、特養や老健が頼りになる施設であることは疑いようがありません。ここからはさらに踏み込んで、もっと便利にこれらの施設を利用する方法を考えましょう。

4-1.特養のナイトケアサービス

「父が認知症を患っている。家でみているが、夜くらいはゆっくりしたい」という人に利用をおすすめしたいのが、特養の「ナイトケアサービス」です。これは、夜だけ特養に頼る、というもの。特養だけでなく、老人短期入所施設でもこのサービスがあります。

4-2.特養のデイサービス

昼間にも短期的に利用することができます。機能訓練や入浴などをみてもらえますが、介護をしている家族向けの教室が行われていることもあります。

4-3.老健のショートステイサービス

老健にも、「ショートステイサービス」と呼ばれているサービスがあります。最大30日間老健に入所できるものであり、家族の負担の軽減に役立ちます。

4-4.老健のデイケアサービス

「昼間に通う」という点では、特養も老健も一緒です。しかし、老健は「機能回復を目的とした施設」です。このため、老健のデイケアサービスでは、リハビリを中心としたサービスを受けることができます。

5.まとめ

特養と老健は、知らない人が聞くと、一緒のもののように思えます。しかし特養には「入所は難しいけれど、一度入ると最後のときまで過ごせるという安心感」が、老健は「3カ月ごとに入退所を精査されるけれども、リハビリなどで機能回復が見込める」という違いがあります。

目的別に選びましょう。

【参考URL】
http://www.shokyukai.or.jp/cgi-bin/page.cgi?PAGE=../html/kesenen01-01
http://www.kaigokensaku.jp/publish/group13.html
http://www.homemate-s.com/useful/grounding/yogo_rh/
http://www.asahi.com/articles/ASH1H6GFQH1HULFA02R.html?google_editors_picks=true
http://www.wamiyama.jp/tokuyo.html
http://kaigo.homes.co.jp/manual/facilities_comment/rouken/
https://info.ninchisho.net/facility/f50
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3005F_Q3A031C1PP8000/
https://info.ninchisho.net/facility/f10

認知症の人向けのグループホーム|安心の専門性

認知症対応型グループホーム

認知症の人向けにつくられたグループホームについて見ていきます。

年を重ね、体も不自由になり一人で、もしくは同年代の夫婦だけで暮らすのが不安になると介護施設などで生活することを考えます。

しかし、施設によってはさまざまな入居条件があり、希望通りの施設に入居できないことも。特に認知症と診断されている場合、入居できる施設には制限があります。

そこで認知症の方に適した施設として、認知症対応型グループホームがあります。どのような施設なのか、紹介しましょう。

1.認知症対応型グループホームとは?

認知症対応型グループホームとは、認知症の方を対象にした、認知症に対する専門的なケアを提供する施設です。できる限り自立した日常生活を送ることを目的とし、食事や入浴などの日常生活のサポート、機能訓練などを行います。施設では、1つの住居に5~9人の利用者がスタッフとともに過ごします。

費用としては初期費用と月額利用料が必要です。施設の場所や設備などによって金額はさまざまですが、初期費用としては0~数百万円、月額利用料は15~30万円程度です。都心部に近いほど、高くなる傾向にあります。

施設形態としては、一軒家やアパート型、施設型などさまざまで、居室、浴室・トイレなどの共同設備、食堂、リビング、さらに機能訓練室などが設けられています。

1-1.グループホームではどのようなサービスを受けることができる?

共同生活においては、入浴や排せつ、食事、その他日常生活上の介護、機能訓練などが行われます。リハビリテーションやレクリエーションなどを行いながら、自立を目指したサポートをしてくれます。

認知症のケアは専門知識がないと難しいものです。誤った対応をすることで、認知症がますます進行してしまうことも。また、知識がないことでどう対応していいか分からず、コミュニケーションが不足することも、認知症を進行させてしまう原因の一つとなります。

専門のスタッフがいる認知症対応型グループホームでは、入居者の症状や能力などに応じて、料理や掃除などを行い、自立した生活を支援します。共同生活をすることで、自宅で過ごすように、アットホームな雰囲気の中で生活できるのが魅力です。

1-2.グループホームの入居条件は?

入居には条件があります。65歳以上で要支援2、または要介護1以上の介護認定を受けていること、施設と同じ自治体に住民票があること、となっています。施設によっても異なりますが、要介護支援2以上の認定を受けていれば若年性認知症でも入居が可能です。

また、医療施設などは充実していないため、医療ケアが必要になったり、認知症の症状が進行したりして一人で着替えや食事、排せつなどができなくなった場合は、退去しなければならないこともあります。

1-3.認知症対応型グループホームを利用するメリット

さまざまな介護施設や60歳以上の方を対象にした住宅がある中で、認知症患者に対応している施設は多いとは言えません。入居できたとしても、症状によっては退去となることがあります。

認知症の症状には、徘徊や独語、拒食や興奮、せん妄、不潔行為、不眠などといったものがあり、一見正常に見えても時として予想できない行動に出ることがあります。退去となる要因としては、暴れたり、大声を出したり、幻覚や思い込みなどによって入居者に迷惑をかけたり、トラブルの原因となったりして、共同生活は不可能、と判断されることです。

そういった可能性がある場合は、認知症対応型グループホームのような、専門的知識を持つスタッフがいる施設の方が安心して生活することができます。

専門施設では、少人数で親しい関係を作ることで、行動障害や生活上のつまずきを軽減し、心身の状態を穏やかにすることができるのです。家庭的な雰囲気の中で、日常生活を送ることで認知症の改善や防止を目指すのが、認知症対応型グループホームです。

認知症患者に対して専門スタッフが適切な関わりをすることで、混乱を軽減し、心を安らかに保つことができることは、認知症の改善において非常に大切なことです。

認知症対応型グループホームであっても、認知症の症状が重かったりすると入居が困難な場合もあります。しかし、実際に利用したら症状が緩和された、ということも考えられます。最初から無理だとあきらめずに、施設に相談してみるといいでしょう。適切なアドバスをしてもらえるはずです。

認知症の家族をケアするのは、身体的にも精神的にも大変なことです。特に徘徊などをするようになると、1日中付き添っていなければならない、ということもあります。認知症に対する専門的な知識がないと、どのように対応していいか分からず、それが認知症を進行させてしまうこともあるのです。

2.まとめ

認知症に対応したグループホームについて見てきました。

認知症対応型グループホームであれば、専門的知識を持つスタッフが適切な関わりをしながら、見守り、ケアをしてくれます。家族にとっても安心して任せることができますね。費用も安くはなく、施設の数も多くはありませんが、ご本人も家族も快適に安心して生活できるためにも、そういった施設を探してみるのも必要なことでしょう。

入居困難な養護老人ホーム|入居条件とサービス内容について

養護老人ホーム

養護老人ホームについて見ていきます。

養護老人ホームは経済的に豊かでなかったり、身よりがなかったりして行く所がない65歳以上の方を受け入れている施設です。しかし、入所には自治体の審査が必要で入所するにはなかなか困難なのが現状。

養護老人ホームに入れないとなると、介護保険を利用して他の施設に入所しなければなりません。

しかし低料金で入れる特別養護老人ホームなどは、何年も待たないと入れない状況です。最後の砦とも言える養護老人ホームについて知っておきましょう。

1.社会復帰を目指す公的な施設

養護老人ホームは経済的な理由や身よりのない人、身体的にも一人で生活できない人、家庭で虐待などを受けているなどトラブルを抱えている人を対象とした、福祉施設です。自立した生活や社会復帰を目的に、必要なケアや訓練を行います。

自立した人が対象となるのでサービス内容としては、介護や生活支援というより、食事の提供やクラブ活動、地域交流活動など社会とのコミュニケーションを取るような活動内容がメインとなります。事業者によりますが、介護が必要な場合は介護サービスを受けられることもあります。

1-1.入居条件は厳しい?

養護老人ホームに入居できるのは、介護を必要としない65歳以上の方です。心身に障害があり日常生活を営むことができない、住むところがない、住むところがあっても環境が悪い、家族との同居が困難である、といった場合や生活保護を受けている、などの低所得であることで生活ができないといったことが入居条件となります。また、要介護1以上の認定を受けている人は入居できません。

特別養護老人ホームと異なり介護施設ではなく、地方自治体の措置によって入所について判断されます。審査結果によって必要性の高い人から優先的に入所できることとなっています。しかし、入居については条件が厳しいのが特徴。介護が必要な人は入居できず、一定以上所得がある人や入院治療が必要な人も入居できないことが多いです。

年を重ねれば多くの人が持病を持っており、部分的な介護が必要となるケースもあります。そういった人たちでさえも入居できないのが現実です。

1-2.自立を促すサービス内容

養護老人ホームは自立を促し、社会復帰を目指すことを目的としています。そのため、入居者に対してどのようなケアをしたら、自立を促すことができるか、という点がサービス内容の重要なポイントとなります。

ケアの方法はそれぞれの施設によって異なりますが、入浴、掃除、洗濯など日常生活において自分でできることは自分で行うのが基本。スタッフは見守りを大切にしたサポートが求められます。

もちろん、手を差し伸べるべきところはおさえ、寄り添ったケアを行うことも大切です。入居者の中には自らコミュニケーションを取れない人もいるでしょう。孤独にさせることは避けなければなりません。

さらに人の輪の中に自然と入っていけるようなサポートが必要です。人との触れ合いの場を提供するのも施設の役割です。イベントなどを開催し、仲間と一緒に楽しむ時間を提供することが必要です。

快適な環境を作っているかという点も大事です。キッチンやリビングなどは快適に過ごせる広さと環境を保っているか、部屋の居心地はどうか、といった点も入居者にとって大切なこと。

健康管理の面においてのケアについてもチェックしておきたいものです。養護老人ホームを選ぶ際には、スタッフの対応や施設の環境などを確認することが必要です。

1-3.数の少ない養護老人ホーム

老後の生活を送る場所において、多くの選択肢を持たない人も少なくありません。そういった人たちにとって、行政措置である養護老人ホームは救いとなる場所でもあります。

しかし、実際には養護老人ホームの数が少なく、定員数も多くはありません。さらに入居条件が厳しいとあっては、入居するのは簡単ではありません。
地方自治体によっては、予算の問題などにより施設や定員を増やすのは難しいところも少なくないようです。自治体によっては、条件が異なり入所できるケースもあります。まずは地域の介護福祉課や地域包括支援センターなどに相談してみるといいでしょう。

養護老人ホームに入居してかかる月額利用料は、それぞれの自治体によっても異なりますが、0~10万円程度。他の施設などと比べると安い費用で入居できるものです。

しかし、条件が厳しくなかなか簡単に入居できないのが現実です。さらに、行政措置としての施設である養護老人ホームは、数も定員数も少ないもの。低所得で他に行く場所が見つからない人にとっての最後の砦とも言える施設なのですが、安心できる状況ではありません。

しかし、自立を促すサポートをする施設ですから、一人で孤独になりがちな人や人とうまくコミュニケーションを取れない人などを、上手にケアし支援してくれる施設でもあります。年を重ねていても、体が健康であればさまざまな楽しみ方ができるもの。それを教えてくれるのも養護老人ホームなのではないでしょうか。そういった施設に入居するためにも、あきらめずに自治体などに相談してみることをお勧めします。

2.まとめ

養護老人ホームについて見てきました。

「入居したい」と言ったからといって、すぐに入れる施設ではないですが、自分や家族に必要ならば早期に申し込み等の手続きを開始することをおすすめします。

3つの介護保険施設|それぞれの特徴と違いとは?

介護保険施設

介護保険施設について見ていきます。

老後の蓄えが充分にある、という人でない限り、介護保険サービスで利用できる施設を探す人が多いでしょう。介護保険サービスで利用できる施設には種類があり、それぞれ目的やサービス内容が異なります。

少しでも快適な生活をするためには、介護保険施設について違いを理解しておく必要があります。それぞれの概要や目的、特徴について紹介しましょう。

1.介護保険施設とは?

介護保険施設とは、介護保険サービスで利用できる施設です。介護保険法に基づき、当道府県知事の指定を受けた施設で、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)介護老人保健施設(老人保健施設)介護療養型医療施設(療養型病床群など)の3種類があります。

それぞれの施設の概要や目的は次のような内容です。

1-1.人気の高い特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは要介護の高齢者のための生活施設です。65歳以上の方で、身体上、精神的に著しい障害がり、常時の介護を必要とし、居宅において介護を受けることが困難なため、施設において養護することが目的。要介護度の高い人が生活する施設です。

特別養護老人ホームにおいては、介護スタッフによる食事や排せつなどの介助を中心に提供されます。機能訓練やカウンセリング、掃除や洗濯、買い物などの生活援助も受けることができます。寝たきり状態の人が生活できる環境が整い、さまざまな介護のほか、レクリエーションなども提供されます。

利用料が安く、入居一時金などもなく、手厚い介護が受けられる特別養護老人ホームですが、医学的なケアは限定的で、入居難易度が高いのがデメリット。

基本的に部屋にはトイレやキッチンはなく、多床室、ユニットが設定されない従来型個室、ユニットが設定されるユニット型個室があり、費用は部屋のタイプによって異なります。

入所希望の多い特別養護老人ホームは、財源不足のために新設の制限が行われています。そのため、全国では52万人以上の人が入居待ちの状態と言われています。

1-2.長くは入所できない介護老人保健施設

要介護の人にリハビリなどを提供し、社会復帰を目指すことが目的です。施設サービス計画に基づき、看護や医学的管理のもと、介護や機能訓練や医療、日常生活におけるケアをすることが目的の施設です。

介護老人保健施設は、医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な介護保険施設。リハビリや医療を必要とする要介護度の高い65歳以上の方のための施設です。入所できるのは要介護度1以上、65歳以上といった基本的な条件のほか、病状が安定している、入院治療の必要がない、といった条件もあります。

食事や排せつなどの介助を受けられる施設ですが、目的は在宅復帰です。そのため、提供されるサービスは在宅復帰を目的としたケアです。入浴や排せつ、食事などの介護のほか、医師や看護師による医療ケア、理学療法士や作業療法士による回復期のリハビリテーションで、掃除や洗濯、買い物などの生活支援はほとんど提供されていません。

特別養護老人ホームとの違いは、「終の棲家」になれる施設ではないということ。入所期間は3ヵ月で、3ヵ月ごとに退所、入所継続の判定が実施され、退所できると判定された場合は、退所しなければなりません。

利用料が安く、入居一時金などがなく、機能訓練が充実しているのがメリット。長期入院はできないので、社会復帰に向けてがんばろう、という人に向いている施設です。
介護老人保健施設は、初期費用はありませんが月額利用料が必要となります。部屋のタイプや世帯収入などによって違いがありますが、利用料は8~13万円程度。特別養護老人ホームより少し高めですね。

1-3.医療機関の施設であることが多い介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、医療ケアが必要な要介護の年齢を重ねた人のための長期療養施設です。特別養護老人ホームや介護老人保健施設よりも重度の要介護者を受け入れているのが特徴です。

基本的には医師や看護師による医療・看護のケアです。急性期から回復期にある寝たきりの状態の人に対する医学的ケアを中心に行われます。胃ろうや痰の吸引、酸素吸入、経鼻栄養などといった医学的ケアは充実していますが、掃除や洗濯などの生活支援サービスの提供はほとんどありません。介護療養型医療施設も、長期的な入所ではなく、症状が改善した場合は退所しなければなりません。

初期費用などはないものの、月額利用料は9~17万円程度と介護保険施設の中では少し高めです。

入居一時金もなく、比較的低価格で利用できる介護保険施設ですが、3種類の施設はそれぞれ目的やサービス内容が大きく異なります。長期的に入所できるのは特別養護老人ホームだけで、他の2施設は目的が異なるため必要がなくなれば退所しなければなりません。退所後はどのような介護が必要で、どのような生活を希望するか、資金面なども含めて考えておく必要があります。もし、在宅で療養ができない場合は施設などについても家族と相談し早めに決めておくことが大事です。

2.まとめ

介護保険施設について見てきました。

3種類の施設の中から検討している方は、自身に合ったものを選べるようにそれぞれを把握しておきましょう。