デイサービスとデイケアの違いとは?利用目的に応じて決めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとデイケアの違いについて見ていきます。

介護サービスには、いろいろな種類があります。今回はそのなかでも、混同しがちな「デイサービス」と「デイケア」の違いに焦点をあてていきましょう。

1.そもそもデイサービスとデイケアって何?

デイサービスもデイケアも、「通所サービス」であることは共通しています。どちらも、「基本的には在宅なのだけれども、必要に応じて、施設に足を運んで受ける介護サービス」なのです。そのため、入居型のサービスとは差別化されます。

関連記事:介護サービス|24種類のサービス全まとめ

1-1. デイサービス(通所介護)

「デイサービス」というのは、「施設で、入浴などのサービスを受ける」というものです。機能訓練や食事の世話などをしてくれるところもあります。家族の介護の負担軽減なども目的としています。

1-2.デイケア(通所リハビリテーション)

対して、デイケアは、リハビリテーションを目的としたものであり、特に「機能の回復」に重点をおいたものになります。

2.デイサービスとデイケアの大きな違い

上では、デイサービスとデイケアの概要についてみてきました。しかし、これだけでは、「結局何が違うの?」と疑問に思う人もいるでしょう。そこでここからは、より具体的に、2つを差別化してお話していこうと思います。

2-1.目的の違い

デイサービスは、あくまで、「生活の身の周りの世話」を基本としたものです。それに対して、デイケアは、「リハビリ」に重きを置いたものであり、「訓練」という意味合いが強いです。

しかしそうは言っても、「デイサービスにも機能訓練があるんでしょう?」と思われる人もいるはず。次項では、「機能訓練」と「リハビリ」の違いを解説します。

2-2.従業員の違い

「機能訓練」と「リハビリテーション」は、しばしば混同して使われます。しかし、この2つには、実は違いがあります。

リハビリも機能訓練も、両方とも「機能の向上」を目的としますが、リハビリテーションと銘打つ場合、医師の指導のもと、特定の資格を持ったスタッフが指導にあたる必要性が出てきます。作業療法士や言語聴覚士、理学療法士や看護師といった人材です。

しかしながら、「機能訓練」とした場合、必ずしもこれらの専門的な人材が必要になるわけではありません。介護職であったとしても行うことができます。

もちろん、デイサービスにおいて、「作業療法士などがいてはいけない」という規約があるわけではありません。しかし、「デイケア」と銘打ち、「リハビリテーション」を行う場合は、専門資格のある人が訓練を受け持つ必要があります。

2-3.設備の違い

デイケアの場合、「リハビリ専用のための部屋」を用意し、かつ、リハビリに必要な器材などをそろえておく必要があります。このようなところからも、「目的の違い」がわかるでしょう。

3.ショートステイ

今までは、デイサービスとデイケアの違いに着目してきました。しかしそれ以外にも、「ショートステイ」というサービスがあることもご説明しておきましょう。

これは、「短期的に施設に入所し、身の周りの世話を受ける」というものです。家族のリラックスや旅行などのときに便利に使えます。ちなみに、連続使用期間は30日以内となっています。

関連記事:ショートステイにかかる料金の目安は?料金を決める4つの条件

4.利用の前に介護サービスの主目的を確認しよう

このように、「基本は家で介護をしており、状況に応じて施設を利用する」という場合でも、その種類はさまざまです。

何を目的としてサービスを受けるのか、ということを明確にしておきましょう。

5.まとめ

デイサービスとデイケアの違いについて見てきました。

デイサービスとデイケアの主な3つの違い
1.目的の違い
2.従業員の違い
3.設備の違い

デイサービスとデイケアは間違えやすいものですが、目的も従業員も違います。また、便利に使えるショートステイは、連続使用期間が決められているため、確認が必要です。上手に利用していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*