3つの介護保険施設|それぞれの特徴と違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
介護保険施設

介護保険施設について見ていきます。

老後の蓄えが充分にある、という人でない限り、介護保険サービスで利用できる施設を探す人が多いでしょう。介護保険サービスで利用できる施設には種類があり、それぞれ目的やサービス内容が異なります。

少しでも快適な生活をするためには、介護保険施設について違いを理解しておく必要があります。それぞれの概要や目的、特徴について紹介しましょう。

1.介護保険施設とは?

介護保険施設とは、介護保険サービスで利用できる施設です。介護保険法に基づき、当道府県知事の指定を受けた施設で、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)介護老人保健施設(老人保健施設)介護療養型医療施設(療養型病床群など)の3種類があります。

それぞれの施設の概要や目的は次のような内容です。

1-1.人気の高い特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは要介護の高齢者のための生活施設です。65歳以上の方で、身体上、精神的に著しい障害がり、常時の介護を必要とし、居宅において介護を受けることが困難なため、施設において養護することが目的。要介護度の高い人が生活する施設です。

特別養護老人ホームにおいては、介護スタッフによる食事や排せつなどの介助を中心に提供されます。機能訓練やカウンセリング、掃除や洗濯、買い物などの生活援助も受けることができます。寝たきり状態の人が生活できる環境が整い、さまざまな介護のほか、レクリエーションなども提供されます。

利用料が安く、入居一時金などもなく、手厚い介護が受けられる特別養護老人ホームですが、医学的なケアは限定的で、入居難易度が高いのがデメリット。

基本的に部屋にはトイレやキッチンはなく、多床室、ユニットが設定されない従来型個室、ユニットが設定されるユニット型個室があり、費用は部屋のタイプによって異なります。

入所希望の多い特別養護老人ホームは、財源不足のために新設の制限が行われています。そのため、全国では52万人以上の人が入居待ちの状態と言われています。

1-2.長くは入所できない介護老人保健施設

要介護の人にリハビリなどを提供し、社会復帰を目指すことが目的です。施設サービス計画に基づき、看護や医学的管理のもと、介護や機能訓練や医療、日常生活におけるケアをすることが目的の施設です。

介護老人保健施設は、医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な介護保険施設。リハビリや医療を必要とする要介護度の高い65歳以上の方のための施設です。入所できるのは要介護度1以上、65歳以上といった基本的な条件のほか、病状が安定している、入院治療の必要がない、といった条件もあります。

食事や排せつなどの介助を受けられる施設ですが、目的は在宅復帰です。そのため、提供されるサービスは在宅復帰を目的としたケアです。入浴や排せつ、食事などの介護のほか、医師や看護師による医療ケア、理学療法士や作業療法士による回復期のリハビリテーションで、掃除や洗濯、買い物などの生活支援はほとんど提供されていません。

特別養護老人ホームとの違いは、「終の棲家」になれる施設ではないということ。入所期間は3ヵ月で、3ヵ月ごとに退所、入所継続の判定が実施され、退所できると判定された場合は、退所しなければなりません。

利用料が安く、入居一時金などがなく、機能訓練が充実しているのがメリット。長期入院はできないので、社会復帰に向けてがんばろう、という人に向いている施設です。
介護老人保健施設は、初期費用はありませんが月額利用料が必要となります。部屋のタイプや世帯収入などによって違いがありますが、利用料は8~13万円程度。特別養護老人ホームより少し高めですね。

1-3.医療機関の施設であることが多い介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、医療ケアが必要な要介護の年齢を重ねた人のための長期療養施設です。特別養護老人ホームや介護老人保健施設よりも重度の要介護者を受け入れているのが特徴です。

基本的には医師や看護師による医療・看護のケアです。急性期から回復期にある寝たきりの状態の人に対する医学的ケアを中心に行われます。胃ろうや痰の吸引、酸素吸入、経鼻栄養などといった医学的ケアは充実していますが、掃除や洗濯などの生活支援サービスの提供はほとんどありません。介護療養型医療施設も、長期的な入所ではなく、症状が改善した場合は退所しなければなりません。

初期費用などはないものの、月額利用料は9~17万円程度と介護保険施設の中では少し高めです。

入居一時金もなく、比較的低価格で利用できる介護保険施設ですが、3種類の施設はそれぞれ目的やサービス内容が大きく異なります。長期的に入所できるのは特別養護老人ホームだけで、他の2施設は目的が異なるため必要がなくなれば退所しなければなりません。退所後はどのような介護が必要で、どのような生活を希望するか、資金面なども含めて考えておく必要があります。もし、在宅で療養ができない場合は施設などについても家族と相談し早めに決めておくことが大事です。

2.まとめ

介護保険施設について見てきました。

3種類の施設の中から検討している方は、自身に合ったものを選べるようにそれぞれを把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*