幻視が危険信号!レビー小体型認知症に見られる主な3つの症状

幻視症状

レビー小体型認知症の症状について見ていきます。

三大認知症のひとつ、レビー小体型認知症。認知症の種類は数多く、厳密に分類すると数十に及びますが、このレビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症・脳血管性認知症と並んで、発症例が比較的多い種類です。

レビー小体型認知症にはさまざまな症状があるため、別の疾患と勘違いされてしまうことが多くありました。そのため、早期発見が遅れてしまいがちでした。しかし、レビー小体型認知症にも手がかりとなるような特徴を持つ症状はあります。

では、どのような症状の場合に専門医に相談するべきなのか? その点を一緒に学んでいきましょう。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅の他施設との違いは?今後の課題とは?

サ高住の課題

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の他施設との違い、今後の課題について見て行きます。

かつて高齢者が安心して快適な生活ができるとされていた住宅は、制度の複雑化や介護サービスの不十分さなどにより、問題が多く取り上げられていました。

それを解消し、安心して快適な老後が送れるとされるサービス付き高齢者向け住宅には、大きな期待がかかっています。

ますます増えていくサービス付き高齢者向け住宅ですが、今後の課題とはどういったものがあるのでしょうか?

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅とケアハウス、グループホームを比較する

ケアハウスとグループホーム

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とケアハウス、グループホームを比較して見て行きましょう。

60歳以上の方が快適に老後を送れる住み家としては、いろいろな選択があります。

中でも需要が多く、戸数が増えているサービス付き高齢者向け住宅にはさまざまなメリットがありますが、それが最もよい選択になるとは限りません。

老後を安心して暮らすための住まいは、以前よりも整備されてきました。ケアハウスやグループホームなども、より快適に生活できる整備が整ってきています。

住宅や施設の内容が類似していてもすべてが同じとは限らないので、自分の身体的なことや将来的なことを見据え、適切な選択をすることが望ましいです。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅の運営基準は運営事業者によって異なる?

サ高住の運営基準

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の運営基準について見て行きましょう。

サービス付き高齢者向け住宅を運営するには、事業者が守らなければならない運営基準があります。

もちろんその基準を満たしていない事業者サービス付き高齢者向け住宅の登録をすることができませんし、行政の立ち入り検査などにおいて基準を満たしていない場合は、登録の取り消しなどもあります。

また、運営基準を満たしているからといって、すべてが優良なものかどうかは判断しにくいものです。後悔しない選択をするためにも、運営面における判断もポイントとなるので、入居前の確認が大事です。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅ができた背景とは?超高齢化社会の現状

できること

超高齢化社会の現状、そしてサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のできた背景について見て行きましょう。

「高齢者住まい法」の改正により、60歳以上の方が安心して、安全に暮らせる賃貸住宅がつくられるようになりました。

それがサービス付き高齢者向け住宅です。低料金でサービスも充実している特別養護老人ホームの入居待ちをしている人は50万人以上という現状の中、その希望となるのが、サービス付き高齢者向け住宅です。

こちらでは、このような住宅が必要とされている背景について見ていきましょう。

続きを読む

グループホームにかかる費用はどのくらい?

グループホーム

「自宅で過ごす老後」というのも素晴らしいものですが、安心・安全で何かあったときにすぐ対処してもらえるグループホームでの老後もよいものです。

グループホームで過ごすときに気になるのが、「お金」の問題です。いったいいくらくらいかかるのか、年金でまかなえるのかなど、不安はつきませんよね。

ここでは、「グループホームとは何か」と、「グループホームにかかる費用」についてみていきます。

続きを読む

サービス付き高齢者住宅の概要とは?どのような制度から生まれた?

サ高住の制度や概要

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の制度と概要について見て行きましょう。

有料老人ホームは高い、サービス付き高齢者向け住宅は要介護度が高いと入居できない、または認知症の人は入れない、などといった印象を持たれている方も多いでしょう。

しかし、有料老人ホームにも低価格のものはありますし、サービス付き高齢者向け住宅であっても、介護サービスを手厚くしている所や認知症の人のことを考えた環境を整えているところもあります。

イメージだけにとらわれず、制度や概要について、よく把握することも大切なことです。

続きを読む

自分にぴったりのサービス付き高齢者向け住宅の選び方のポイント

サ高住の選び方

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の選び方について見ていきます。

2011年10月からスタートしたサービス付き高齢者向け住宅。ケアの専門家が常駐するという、60歳以上の人が安心して住める住宅設備です。

今後はさらに増えていくことが期待されていますが、その内容は多岐にわたります。条件や定義などはあるものの、地域などによって可能なこと、不可能なことが異なるのが現状です。

そういった状況の中で、どのようなサービス付き高齢者向け住宅を選ぶべきなのでしょうか?

続きを読む