介護者の4人に1人!介護うつにならないための4つの約束

介護うつ

介護というのはとても大変なものです。介護される側にも苦しみがありますが、介護をする人間にとっても非常に負担が大きいのも事実です。4人に1人が介護うつを患っているという現状を鑑みる必要があります。

今回は「介護うつ」についてみていきましょう。

続きを読む

高齢者だけじゃない!40代50代に忍び寄る若年性認知症で知っておくべき8つの知識

若年性認知症とは?

若年性認知症について見ていきます。

「認知症」というと、「お年寄りの病気」「70歳、80歳になってからかかる病気」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には、認知症は、若い世代にも起きている病気なのです。

働き盛りの世代が若年性認知症になると、家族は精神面・子育て面・経済面で非常に大変だということに察しがつくと思います。

若年性認知症で悩む事態をできる限り避けるために、実際の症状や特徴、予防に関する知識などは知っておいた方が良いでしょう。

そこで今回は、「若年性認知症」について知っておくべき知識を8つ紹介します。

続きを読む

レビー小体型認知症に治療方法はある?どんな薬があるのか?

レビー小体型認知症の治療方法とは?

幻視などの特徴的な症状があり、患者数ではアルツハイマー型に次いで2番目に多い認知症といわれているレビー小体型認知症。長年、別の病気と誤診されることが多かったり、有効な治療薬が無かったりしたことが認知症の人やその家族を悩ませてきました。

2014年にようやく、効果が認められる治療薬として「アリセプト(ドネペジル塩酸塩)」が承認されました。

続きを読む

老眼を治す方法?最新の老眼治療7選&明日からできる予防方法5選

老眼

老眼を治す方法、予防方法について見ていきます。

一度老眼になってしまうと、もう治らない、治療方法がないと考えている人も多いのではないでしょうか? 加齢によってほとんどの人が老眼になってしまいますが、最新の治療によって改善させたり、また老眼になる前から予防を行うことで老眼の進行を遅らせたりできます。

最新の老眼治療方法と、誰でも簡単にできる老眼の予防方法について見ていきましょう。

続きを読む

若年性認知症の予防のために絶対心がけたい12のルール

prevention-of-early-onset-dementia

「認知症は高齢者に特有の病気」というイメージをお持ちの方も少なくないかもしれません。実際に65歳以上の高齢者に認知症は多く見られますが、65歳未満の「若年層」にも3.8万人の認知症の人がいると厚労省の調査により推定されています。

「若年層」にも無視できない病気となった認知症。実は、生活習慣の見直しで予防できることがわかっています。12の予防方法をまとめましたので、日々の中で意識してみてください。

続きを読む

徹底調査!アルミが原因でアルツハイマーになる危険性はあるのか?

アルミ鍋

「アルミニウムの影響でアルツハイマー型認知症になってしまう」。そんな説を聞いたことはありますか? 一時期、「アルミニウム鍋を使っていると認知症になる」といった噂まで広まりました。アルミニウムは、鍋だけでなくその他の日常用品にもよく使われているありふれた素材ですが、本当に認知症の原因となってしまうことがあるのでしょうか?

続きを読む

レビー小体型認知症の3つの進行段階と予後|初期~中期~末期

レビー小体型認知症のケア

レビー小体型認知症の進行と予後について見ていきます。

レビー小体型認知症にはさまざまな症状が見られ、中には他の病気と誤診されてしまうケースもあるのだとか。

レビー小体型認知症の進行度によってどのような症状の変化があるのか、またどのようにケアをしていけばよいかについてみていきましょう。

続きを読む

榎木孝明氏が30日実践の不食とは?絶対真似してはいけない7つの理由

不食

俳優の榎木孝明さんが「不食」を30日実践し、記者会見を行ったことで不食に注目が集まっています。不食実践者とされる人たちは食べなくても済む、健康になる、病気にならないなどと喧伝されていますが、客観的に考えるかぎり、多くの人は真似をしない方がいいと言えるでしょう。

その理由について見ていきます。

続きを読む

働き盛り世代が万引きやモラハラ?ピック病の特徴・症状と状況に応じたケアとは

ピック病

ピック病について見ていきます。

「ピック病」は家族が驚いてしまうほど人格が変わってしまう病気で、万引きや痴漢行為をするといった異常行動も見られます。

さらに、他の病気との誤診も少なくありません。

決定的な治療方法もないと言われているピック病に自分や家族がかかっていることを発見するために何をし、症状をどのように和らげることができるのでしょうか。

ピック病の特徴や症状の詳しい情報を確認した上で、早期発見や患者に対するケアといった対策について見ていきましょう。

続きを読む

レビー小体型認知症とは?第二の認知症と呼ばれる病

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症について見ていきます。

高齢化の進む日本では年々認知症の人が増えている傾向があります。

その中でもアルツハイマー型認知症に次いで患者数が多いといわれ、「第二の認知症」とも呼ばれる「レビー小体型認知症」という病気が注目されていますが、まだまだ病名も知らない人が多いのが現状です。

そこで、レビー小体型認知症について、

レビー小体型認知症とは?(概要)
前触れ・前兆
症状・特徴
原因
進行
治療・改善策
周囲の対応
を解説していきます。

レビー小体型認知症を知るために、気になる点だけでも確認してもらえればと思います。

続きを読む