要介護度7つの状態区分はどのようにわかれる?それぞれの支援限度額は?

要介護度

要介護度について見ていきます。

「要介護度」というのは、介護にまつわるさまざまな行動のなかで、非常によく問われるものです。介護サービスの多くは、この「要介護度」によって決められています。この、基本となる「要介護度」の7つの区分についてお話して以降と思います。

続きを読む

入所者が抱える大きなストレス、地域密着型特別養護老人ホームが取り除く?

chiiki-michakugata-tokubetsu-yougo-roujin-home

地域密着型特別養護老人ホームについて見ていきます。

比較的安い値段で利用できるうえに、症状の悪化によって退所となることがとても少ない特別養護老人ホームは、とても便利なものです。

しかし、この特別養護老人ホームに入所した人が、抱くストレスがあるのも事実です。それについてみていきましょう。

また、これらの解消策として有効とされている「地域密着型特別養護老人ホーム」についてもお話します。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅の防火管理は大丈夫?消防法における扱い

サ高住の防火管理

サービス付き高齢者向け住宅の防火管理について見ていきます。

2013年、長崎県のグループホームで火災が起き、4人の入居者が亡くなるという惨事が起きました。

このような火災によって介護施設に入居している人が犠牲になってしまう事例は過去にも起こっており、関係者の間では「またか」という思いを抱く人も多いとのこと。

先に紹介した事故はグループホームで起きた事故ですが、もし、サービス付き高齢者向け住宅で起きたらどう対処できるのかと疑問を抱いている人も多いかもしれません。

そこで、現時点における取り組みについて、こちらでご紹介していきましょう。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅のサービス提供責任者にはどんな役割がある?

サ高住のサービス提供責任者

サービス付き高齢者向け住宅のサービス提供責任者について見ていきます。

医療や教育、物販など様々な現場において責任を負う者が配置されています。医療の現場であれば医師が、企業であれば社長、部長、課長などの管理職がそれに当たるといえます。

医師であれば患者さんに対して責任をもって治療プランを練ったり、どのような療養を行うかを看護師に指示したり、管理職であれば部下の力量を考慮して仕事を分配したりなど、責任を伴う立場といえます。

また、問題が生じた場合の対応・処理も責任者の仕事になります。介護の現場でも企業などと同じように責任者を配置する必要があります。

介護サービスを提供する施設等では、「サービス提供責任者(以下、サ責)」の配置義務が法律で定められています。

実際に、老人ホームや訪問介護などの現場でもサ責が配置されています。では、このサービス提供責任者とは、どのような職業なのでしょうか?

続きを読む