サービス付き高齢者向け住宅には入居一時金はあるの?いくらくらい?

サ高住の一時金

サービス付き高齢者向け住宅と一時金について見ていきます。

定年退職を迎えたあと、セカンドライフをどのように過ごすか決めていますか?「仕事中にはできなかった趣味を存分に楽しみたい」、「妻や夫と旅行したい」など、さまざまな計画や目標を立てているかもしれません。

そんな方々のセカンドライフが充実した日々となるように、サービス付き高齢者向け住宅へ入居するという選択肢を提案します。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅で水道光熱費は払わなければいけない?

サ高住の水道光熱費

サービス付き高齢者向け住宅の水道光熱費について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅を将来的に利用するかもしれないと考えている人はいますか?

しかし、近年登場した新しい介護施設のため、その詳しいサービス内容を知らない方のほうが多いかもしれません。

その第一歩として、「入居して生活するにあたってどのくらい費用がかかるのか?」かについてご紹介していきます。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅で行うことのできる医療行為とは?

サ高住の医療行為

サービス付き高齢者向け住宅での医療行為について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)は、老人ホームなどの介護施設とは違い、「住居」です。

そのため、老人ホームなどの施設を敬遠している方でも住み替えのハードルが低いということもいえるかもしれません。

一住居として住みながらも、介護サービスを身近に受けることができるためです。

そんなサ高住では、基本的に外部の介護サービスを利用しています。代表となる「訪問介護」では介護だけでなく、医療行為まで行う安心のサービス内容を特徴のひとつとしています。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅の建築基準はどうなっている?

サ高住の建築基準

サービス付き高齢者向け住宅の建築基準について見ていきます。

昨今の高齢化によって、福祉、医療、介護サービスの在り方は変貌を遂げつつあります。

最近では新たに「サービス付き高齢者向け住宅」が登場するなど、生活をサポートする施設が、種類、数共に増えてきています。サ高住は現在人気が急上昇している施設ですが、そのサービス概要とは一体どのようなものなのでしょうか?

サ高住の建築基準と利便性について見ていきましょう。

続きを読む

そのサービス付き高齢者向け住宅は賠償責任保険に加入している?

サ高住の賠償責任保険

サービス付き高齢者向け住宅の賠償責任保険について見ていきます。

サービス付き高齢者付き住宅を運営するにあたり、事故のリスクは無視できません。

大人ならできることでも、年齢を重ねていくと体力の衰えからできなくなることも出てきます。そこで住宅のなかでも思わぬ事故が起きるリスクはどうしても高まります。

また、年齢が上になると、認知症の問題も無視できません。

2007年、名古屋で徘徊の気がある認知症の人が線路内に入ってしまって、電車にはねられ死亡する事故が起こりました。

電車は終日ダイヤが乱れ、乗客に大きな被害が出たとして、鉄道会社は遺族に対して損害賠償の訴訟を起こしました。

その結果、外出を把握できる出入口のセンサーを意図的に切っていたことが発覚、介護者の監督不行き届きによる過失が認められ、360万円程度の賠償命令が出たことがあります。

このような痛ましい事例を引き起こさないためにも、サービス付き高齢者向け住宅への入居を検討している方は、いざというときのための損害賠償責任保険に加入しているところを検討するようにしてください。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅での入浴は介助してもらうことも可能?

サ高住の入浴

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入浴について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅では、プライバシーを保てる環境の整備とともに、必要に応じて入浴や食事の介助などの日常的な介護サービスを扱っていることもあります。

法律で決められている以外のサービスとはなりますが、快適で便利な生活環境を求める入居者に対してこれらは必要なものです。

施設を選ぶ際は、事前にしっかりと確認しておきましょう。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容ってどんなもの?

サ高住のサービス

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のサービス内容について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅では、高齢者住まい法という法律に基づいて、基本のサービス内容が決まっています。

「安否確認」と「生活相談」という2本の柱は、健康状態が現在は良好であっても、いざというときの不安を抱える入居者に安心感を与えてくれます。

さらに、自立した生活やプライバシーの確保ができる居住空間とともに、安全管理といったサービスもあるため、健康で快適な生活が送ることができるでしょう。

また、サービス付き高齢者向け住宅は、それぞれの事業者や建物によってサービス内容が大きく異なります。

種々の付帯施設や介護サービスなどを付けることで差異化を図っているので、そのサービスや施設を吟味することで、自分の適した住まいを選ぶことができるのではないでしょうか?

介護や介助の必要性や持病の管理など、自分の状態に応じて住みやすさが違ってくるサ高住のサービス内容、選択するときのポイントを探ってみましょう。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅の生活相談員にはどんな役割がある?

介護予防サービス

サービス付き高齢者向け住宅の生活相談員について見ていきます。

高齢化社会がどんどん進んでいることは、ニュースなどの報道でもしばしば取り上げられることです。

そこでよく話に持ち上がっているのが介護問題。高齢者の人口増加とともに、要介護の人も増加しているといわれています。

昔は家族で介護するというのが普通でしたが、少子化による核家族化が進んだ結果、なかなか家族だけで面倒を見るのも厳しくなりつつあるのが原因です。

実際、子供が面倒を見ることができず、配偶者がケアをする老介護の事例はどんどん増えてきています。在宅ケアだけで面倒を見るのは難しいのが現状なのです。

そこで注目されているのが、サービス付き高齢者向け住宅の存在。施設で介護の専門家のケアを受けながら生活する方法であれば、介護疲れなどの問題も解決できる可能性が高いです。

そして、このサービス付き高齢者向け住宅で活躍する「生活相談員」の役割にも注目が集まっています。

サービス付き高齢者向け住宅の入居者のなかには、医療や介護、生活支援サービスの必要な方も多くみられます。

そこで施設内と外のサービスをうまくつなげるかが重視されます。生活相談員は入所者のニーズをくみ取りながら、求められるサービスの提供のために奔走する架け橋的な役割を担う重要な存在。

ところで生活相談員とはどのような人を指すかご存知でしょうか?

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅でショートステイは利用できる?

サ高住のショートステイ

サービス付き高齢者向け住宅のショートステイについて見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅は、短い期間での入居を取り扱っている施設もあります。

「自立した暮らしを確保したいけれど、一時的にこれまでの住居を離れなくてはいけない」「健康状態に不具合の出やすい期間がある」、そんなそれぞれの事情に応じて、「ショートステイ」という短期利用をすることで、不安の大きい期間を乗り切ることができます。

ショートステイを積極的に利用して、セカンドライフを健康に過ごし、安全な生活を守りましょう。

続きを読む

サービス付き高齢者向け住宅と利用権方式の有料老人ホームの違い

サ高住と施設利用権

サービス付き高齢者向け住宅と利用権方式の有料老人ホームの違いを見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者の暮らしやすさを重視した住居として人気の高い新しい制度です。

老人ホームなどと比較して契約の方法などでの違いもあります。老人ホームの利用権方式とは違う契約の形をとっているサ高住は入居した場合にはどのような違いがあるのでしょうか?

サ高住と老人ホームの違いを契約の内容の差から確認してみましょう。

続きを読む