5種類の老人ホームの費用を徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
老人ホーム 費用

老人ホームの費用について見ていきます。

「老人ホーム」といっても、その種類はさまざまです。それぞれどのような違いがあるのか、費用はどの程度なのか調べました。

1.老人ホームの種類

老人ホームにはどのような種類があるのでしょうか?主だった5つの施設について解説していきます。

1-1.特別養護老人ホーム

「特養」とも略されるものです。一度入ってしまえば、退所をお願いされる確率は低く、「最後の居場所」としても機能しています。

関連記事:入所難易度が高くなっている?特養老人ホームの入所条件とは

1-2.介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームのもっとも大きな特徴は、「民間の会社が運営している」ということです。このため、介護度の進み方による受け入れ条件や料金など、選択肢が非常に幅広いという特徴があります。また、老健などでは基本的には対応していない医療的なケアにも対応しているところが多いです。

関連記事:介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは?

1-3.住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームというのは、「住宅型」です。一般のアパートなどに介護者がいないのと同様、住宅型有料老人ホームにも介護者は常駐していません。しかし、外部のサービスとの連携がとられており、必要な際には、訪問介護などが受けられやすくなっています。そのとき、そのときの状態に応じてサービスを利用できるのが強みです。

関連記事:介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いとは?

1-4.健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、基本的には「健康な人」が入る老人ホームです。「自分で身の周りの世話を行える人~要支援状態の人」までを対象としており、介護度が進んだ人は対象としていません。食事のサービスなどを受けられ、スポーツジムなどが完備されていることから、「高齢者向けの長期滞在型ホテル」のように考えるとわかりやすいかもしれません。

1-5.軽費老人ホーム・ケアハウス

比較的リーズナブルな費用で利用できる施設です。これは「A型」と「B型」、「C型」に分けられています。C型は、「ケアハウス」とも呼ばれます。

A型の場合は三食の提供があり、B型にはそれがありません。A型もB型も、要介護がそれほど進んでいない人を対象とするのに対し、C型の場合は要介護の度合いが進んだ人でも入居できるという違いがあります。そのため、A型とB型は同じように論じることができても、C型は基本的な考え方からして違う、とイメージした方がわかりやすいでしょう。

関連記事:しっかり理解しておきたい軽費老人ホームの3つの種類

2.特別養護老人ホームの費用内訳

特別養護老人ホームの費用についてみていきましょう。

2-1.入会金

特別養護老人ホームの場合、初期費用はかかりません。これは特別養護老人ホームの大きなメリットである、と言えます。ほかの老人ホームの場合、数百万円にも及ぶことがありますが、特別養護老人ホームは一切必要ないのです。

2-2.月額費用

どこの老人ホームでもそうですが、月額費用は、その施設や部屋の状態によって異なります。ただ、一般的には、8万円~15万円前後でしょう。

2-3.その他

光熱費などは月額費用に含まれます。ただ、散髪の費用などが別途かかることもあります。これらの出費はそれほど大きくはありません。

3.介護付き有料老人ホームの費用内訳

介護付き有料老人ホームは、費用の面でも非常に開きがあります。

3-1.入会金

基本的には、「発生する」と考えておきましょう。その料金は、数十万円~数千万円にも及ぶことがあります。「高級介護付き有料老人ホーム」と呼ばれるものなどは、特に料金が高いです。

3-2.月額費用

特養などに比べて高い設定になっているのが普通です。施設によって開きがあるのは何度も述べている通りですが、30万円程度が相場でしょう。この施設も、未償却分の変換があることが多いです。

3-3.その他

介護付き有料老人ホームの場合、「未償却分の返却」があるのが一般的です。入居した後、すぐに退所した、などの場合は、20%程度の返却が受けられることが多いようです。これも施設によってばらつきがあります。

4.住宅型有料老人ホームの費用内訳

「外部のサービスに頼る」という住宅型有料老人ホームの費用を見ていきましょう。

4-1.入会金

介護付き有料老人ホーム同様、数十万円~数千万円単位で発生することが多いようです。

4-2.月額費用

料金に関しては、外部の介護サービスを利用するか利用しないかによって大きく変わります。また、「家」としての性格が色濃くでるからか、都心部の方が値段が高く、費用の面では大きな差があります。介護付き有料老人ホームよりは安いのですが、15万円~20万円程度、というのが一つの基準値です。

4-3.その他

日用品などの消耗品、被服費、娯楽費や理美容費などは生活する上で必要なものなので、これらの費用についても考慮を忘れないようにしましょう。

5.健康型有料老人ホームの費用内訳

健康で自立している人を対象としていますが、設備が充実しているため、その料金は決して安くはありません。

5-1.入居金

介護付き老人ホームなどと同じように、数十万円~数千万円かかることが多いようです。

5-2.月額費用

設備や施設によって違いがみられますが、月20万円~30万円程度が見込まれます。

5-3.その他

医療機関と提携はしていますが、基本的には、「健康な人向け」なので、介護度が進めば退所しなければならなくなるケースが多いようです。しかしその場合、入所期間に応じて、未償却分が返金されるのが普通です。

6.軽費老人ホーム・ケアハウスの費用内訳

軽費老人ホームの費用内訳を、タイプ別に見ていきましょう。

6-1.入会金

A型、B型、C型、すべてにおいて、数十万円までとなっています。

6-2.月額費用

もっとも安いのは、食事の必要がないB型です。8万円程度で利用できるでしょう。A型は、「食費」がかかることになります。しかし13万円程度が一般的な数字であり、それほど高くはありません。

C型は、部屋の状態や介護度によって違います。ただ、10万円~14万円程度で利用できるため、A型との差異はそれほど大きくありません。

6-3.その他

冬場は料金が加算されます。しかしその費用はそれほど大きくなく、2000円~5000円程度にとどまります。また、C型の場合は、未償却分の返還が行われることもあります。

7.まとめ

老人ホームの費用について見てきました。

老人ホームの種類と費用目安
1.特別養護老人ホーム…月8~15万円程度
2.介護付き有料老人ホーム…月30万円程度
3.住宅型有料老人ホーム…月15~20万円程度
4.健康型有料老人ホーム…月20~30万円程度
5.軽費老人ホーム・ケアハウス…月8~14万円程度

老人ホームには5つのタイプがありますが、「費用」という一点を見たときであっても、その違いは大きく、よく見極める必要があります。毎月かかる費用と初期費用を特に重要視して、しっかり見極めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*