サービス付き高齢者向け住宅の安否確認サービスとはどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
安否確認

サービス付き高齢者向け住宅の安否確認について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅は、現在普及し始めている特別介護老人ホームなどに次いで、新たな選択肢になりつつある施設です。

一般的な自宅での生活では心配、しかし老人ホームに入るほどの介護は必要無いという、いわば中間点に位置するのがサ高住です。

必要最低限の介護を行ってくれることも特徴のひとつで、食事や安否確認など、そのサービスは多岐にわたっています。

1.サービス付き高齢者向け住宅の安否確認

1-1.登録により成り立っているサービス

サービス付き高齢者向け住宅を建て、運営していくためには、各都道府県や政令市、中核市に申請をして登録をしなければなりません。

政府の認可を受けて初めて営業できますので、これは逆に言えば政府のお墨付きをもらっているとも言えます。

認可を受けるためには、まずは建物の基準を満たすことが必要となります。

例えば、バリアフリーの構造になっているかどうか、手すりが取り付けられているかどうか、車いすでも生活できるような広さが確保されているかどうか、という点です。

次にサービス内容における基準ですが、こちらは安否確認ができるかどうかというところが争点になります。これ以上のサービスを加えるかどうかは各事業者に委ねられることになりますので、最低でも安否確認は受けられる環境である点さえ押さえておけば大丈夫です。

ときには人の命をも左右することになりますので、安心できる環境が整えられているかどうかは事前にしっかりチェックしておきましょう。

1-2.安否確認サービスについて

安否確認は、各サ高住によってサービス内容が異なりますので、入居先を選ぶ際には注意したいポイントとなります。

最低限のサービスである安否確認は必ず受けられますが、その頻度や方法については場所によって大きく異なります。

毎食後に確認を取るところもあれば、1日に1度だけの確認を取るところもあります。

また、方法についても係員の者が直接本人に会って確認したり、インターホン越しのみの会話で確認したりと、施設の運営によって異なります。

どの方法が良いかは利用者の方々の希望によると思いますので、ご自身に合ったサービスを提供してくれるサ高住を選ぶことをおすすめします。

1-3.介護サービスについて

サ高住はあくまで安否確認やバリアフリーの施設であるだけですので、介護や医療サービスは外部のものを利用する必要があります。これが老人ホームとの大きな違いであり、ひとつのメリットとも言えるかもしれません。

そのなか、「生活相談サービス」を提供する施設がいくつか存在しています。

内容としては、介護サービスを手配してくれたり、生活に必要な相談も受け付けてくれたりする、コンシェルジュサービスのようなものです。

外部サービスを利用する際にかかる手間の軽減になるので、このサービスを基準としてサ高住選びをするのも良いでしょう。

2.サービス付き高齢者向け住宅の人気の理由は?

2-1.自由度の高さ

サ高住の人気が高まってきている理由は、何と言っても自由度の高さにあります。病気を患って病院で生活をしなければならない人や、特別養護老人ホームに入居して介護を必要とする人も多いですが、これらの生活はサ高住での生活と比較すると非常に自由度が低く、好きなことを好きな時間に好きなだけできないという制限がかかってきてしまいます。

サ高住での生活では、拘束される要素がほぼありませんので、これまでの生活と何ら変わりの無い暮らしが可能となります。

あくまで普通の生活が大前提で、そこに健康ケアというサービスが付け加えられているだけという認識で良いです。

2-2.必要最低限のサービス

介護が必要な人は増えてきてはいるものの、まだまだ元気に生活を送れるという人のほうが多いです。

しかし、今後のことを考えると介護が必要になるかもしれない、または急な病気をしてしまうかもしれない、という可能性は否定しきることはできません。

サ高住では安否確認をはじめとして、建物内はバリアフリーでなければならないなど、もしものための予防対策が義務付けられています。

そのため、体のリスクを管理する最低限のサービスが提供されることになります。また、それでいて自由度が高く、普通の自由が得られる点が大きな魅力となっています。

趣味に没頭する時間も充分に取ることもできますし、好きな時間に外出をすることも可能、いつも通りに悠々自適な生活を送ることができるでしょう。

以上を踏まえた上で、健康に過ごすために必要な最低限のサービスを受けられるわけですので、老後の生活のためにこの住居を検討する価値は充分にあります。

3.まとめ

サービス付き高齢者向け住宅の安否確認について見てきました。

サ高住の安否確認は必ず受けることが可能なサービスではありますが、サービスの提供方法は各住宅によって異なりますので注意しなければなりません。

ピンからキリまで幅があり、それぞれの住宅によって特色も出ますので自分に合った施設をしっかり探してみましょう。

また、サービスの質によって賃貸料も変化してきますので、このあたりは値段と質との相談となります。安否確認と生活相談サービスは、サ高住を選ぶ1つの基準として考え、それぞれを比較してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*