自分にぴったりのサービス付き高齢者向け住宅の選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
サ高住の選び方

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の選び方について見ていきます。

2011年10月からスタートしたサービス付き高齢者向け住宅。ケアの専門家が常駐するという、60歳以上の人が安心して住める住宅設備です。

今後はさらに増えていくことが期待されていますが、その内容は多岐にわたります。条件や定義などはあるものの、地域などによって可能なこと、不可能なことが異なるのが現状です。

そういった状況の中で、どのようなサービス付き高齢者向け住宅を選ぶべきなのでしょうか?

1.サービス内容についての確認

サービス付き高齢者向け住宅は、自立した人向けの住宅、という印象があるかと思います。確かにサービス付き高齢者向け住宅が必ずしなければならないのは、住人の安否確認と生活相談サービスだけです。

基本的に要介護3以上の人にとっては、向いていないと思われる住宅でしょう。 しかし、一般的な賃貸住宅と変わらずプライバシーが保たれ、自立した生活を送ることができるうえに、安否確認や生活相談が受けられるため、必要なケアが生じた場合は、相談できるという安心の上で生活することができます。

そういった生活を希望する人にとっては、サービス付き高齢者向け住宅は適切な住宅と言えます。

では、「介護を必要とする人は、サービス付き高齢者向け住宅には住むことができないのか?」というとそうではありません。サービス付き高齢者向け住宅は、訪問介護やデイサービスなどの介護サービスを受けることが可能になります。

また、施設によって入浴や排せつ、食事介助など一部の介護サービスを提供する住宅もあります。

サービス内容は住宅によってさまざまなのが現状です。どの程度の介護サービス・医療を受けられるのかを確認することが、選び方の大きなポイントとなるでしょう。

2.入院など身体状況に変化があった場合は?

自立した生活ができている状態の時には問題はありませんが、病気になって入院することになったり、身体の状態が変化し要介護になったり、要介護度が変わることもありますよね?

そのような場合には、どのような対応をするのかも確認しておくことが大切です。

なかでも認知症の方に関しては、住宅によってとられる対応に違いがあります。最初から認知症の方は入居できないという条件を設けているところもある一方で、認知症の方専用の部屋やエリアを設置し、安全に暮らせる環境を整えているところもあります。

もし、認知症が現れた場合のことも考え、その時の対応を確認しておくことも忘れないようにしましょう。

3.場所・環境についての確認

毎日の生活は楽しく、充実して過ごしたいものです。そのためには、どういった立地でどのような環境にあるのかも、選び方の大切なポイントの一つ。

まず、スーパーや金融機関、病院などは近くにあるか。または、サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容に、買い物代行などのサービスが入っているかどうかも確認した方がよいでしょう。

「住み慣れた地域で老後を迎えたい」という思いが本人にあれば、地元のサービス付き高齢者向け住宅を選ぶのがよいでしょう。

しかし、住み慣れた地域にそういった住宅がない、空きがないなど、希望に沿えない場合も出てきます。その場合、どの程度の距離で探すかが大切。あまりに離れていると、家族や知人の足も遠のいてしまうからです。

特にご家族の顔はできるだけ頻繁に見たいもの。近くてアクセスのよい立地のところを選びたいところです。

4.費用面においての確認

有料老人ホームに比べると、サービス付き高齢者向け住宅は費用が安い傾向にあります。

有料老人ホームの中には入居する際に、何百万、何千万円といった費用がかかるところも少なくないので、それに比べると入居時には30万~40万円、月々には賃料や水道光熱費、管理料などがあるとはいえ、比較的安い費用で入居できるケースが多いです。

しかし、賃料や管理費は住宅によって異なります。最初に必要な費用も敷金・礼金が必要なケースや前払い家賃などを設けているケースもあり、支払い方法や費用もさまざまです。

最初にどのくらいの費用がかかり、月々の支払いがどの程度になるのかを、しっかりと確認することが大切ですね。

5.見学をして雰囲気を知る

安心して楽しく暮らせるかどうかは、住宅の雰囲気にもよります。住んでいる人がどういった人たちか、スタッフと住人との関係はどうか、建物の雰囲気はどうかなどはパンフレットやネットでは伝わりません。条件に合うところが見つかったら、見学に行ってみましょう。

快適な日々を過ごすためには、自分に合った住宅を選ぶことが必要です。そのためには、体の状態、介護の必要性などを含め、自分の状態をしっかりと確認することです。

そのうえで、都会的な場所に住みたい、自然の豊かな場所がいい、または趣味が楽しめる場所や娯楽施設が整っているところがいい、部屋は広い方がいいなどといった希望について考えましょう。

その中で何を優先するかを決めて、快適に生活できる住まいを選んでください。

6.まとめ

サービス付き高齢者向け住宅の選び方について見てきました。

比較的転居が行いやすいサービス付き高齢者向け住宅ではありますが、事前に必要な条件を絞り込み、必ず見学に行くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*