サービス付き高齢者向け住宅の入居契約書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
サ高住と入居契約書

サービス付き高齢者向け住宅の入居契約書について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者住まい法に基づいて定められた安心して長く暮らせる工夫が施されています。

基本的に賃貸なので、入居に際しては賃貸契約を交わしますが、契約の内容も介護サービスなどを中心として、一般的な賃貸契約とは違った面もいくつか見受けられる特殊なものです。

契約内容をしっかりと見定めて、安全で安定した住まいを選び、楽しく豊かな老後を迎えられる準備をしましょう。

サービス付き高齢者向け住宅自体は、それぞれの事業主によって建設され運営されていますが、基準は都道府県などで決まっており、良い物件がたくさんあります。

1.入居契約書には何が書いてある?

サービス付き高齢者向け住宅の入居契約書は、一般の賃貸物件と同じように賃貸契約について書かれているほか、どのようなサービスが受けられるかについての記載もあります。

1-1.貸契約内容

賃貸契約の内容は、契約する物件の詳細や契約期間、保証人などが主なものとなります。

ただし老後に備えた方に向けているので、入居者のもしもを想定して現状復帰についてや、荷物の引き取り人を定めておくことも多いです。

さらに、入居者の入居前の病気や入院なども想定して、これによる契約開始日の変更についても考慮されることも少なくありません。契約期間に関しては、普通、終身があり、賃料は毎月払いや前払い、一部前払いなどがあります。

1-2.サービス提供内容

サービス付き高齢者向け住宅の最も特徴的な部分として、安否確認サービスと生活相談サービスが挙げられます。

医師や看護師、介護サービス提供者などが日中建物に常駐して、そこに住む人たちの心身のケアにあたってくれます。

これを基本として、それぞれの住宅ごとにその他の付帯サービスを提供する特殊な内容です。

サービス内容の確認は、サービス付き高齢者向け住宅入居にあたり大変重要な部分となるので、事前にチェックしておきましょう。

2.契約書で確認しなければいけないこと

入居契約書は長期間にわたってサービスを受け、安全に暮らすための元になるものです。

契約期間中に受けられる手厚いサービスを期待して入るものですから、そこに記されているサービスがどのような形で提供されるかなど、細かい点まできちんと把握しておく必要があるでしょう。

また、金銭に関してもあとで問題が起こらないように、不利な条項が書かれていないか、内訳などもチェックしてください。

実際に入居する立場に立って具体的に考えるとよいでしょう。

2-1.費用に関して

入居時にまとめて支払うべき費用や、定期的に支払う必要の出てくる費用があります。家賃に関しては個室部分と共用部分の利用のための代金、その他に敷金を入居時に支払うことがあるでしょう。また、共益費や光熱費などの生活に必要なものの支払いもあります。

医療費や介護用品などの日常的にかかる費用は、前払いで支払うものも少なくありません。賃料や前払いの費用は、保全措置がとられておりますが、前払金の算定や返還時の金額の算定基準なども見ておく必要があるでしょう。

費用は契約時と契約終了時にトラブルが起こりやすいポイントです。入居する方だけに確認の責任が行かないように注意しなければいけません。

2-2.サービスにはどんなものがあるのか?

サービス内容は、基本となる安否確認と生活相談をベースとして住宅ごとにさまざまなものがあります。

安否確認や生活相談は毎日の暮らしを守り、適切なサービスを受けるために必要です。

その他に、食事の提供や日常生活の助けとなる買い物代行などの生活支援サービスや介助の必要な人への入浴、排泄等の介護サービスがあります。その住宅ごとに受けられるサービスは違っており、住宅探しの時点で絞り込むことを意識してください。

3.借りる側の覚えておくこと

サービス付き高齢者向け住宅には、一般の契約と違って契約期間が普通と終身とあり、どちらかを選ぶことになります。

終身契約というのは、文字通りそこで一生を終えるまで暮らすことができる契約となり、予想される居住年数分の賃料や費用を前払いします。契約時に一括で大金の支払いが必要となりますが、その分割安となることもあるので、状況に応じて選ぶと良いでしょう。

借りた側は契約の終了時に差額の返還が行われることもありますが、反対に足りない分の請求を受けることもあります。

いずれの契約期間を選んだ場合も、賃貸契約としてその後の現状復帰の責任などは一般の賃貸と同様の扱いとなるので注意してください。

保証人や引き取り人、任意後見人は、居住者の退去や死亡時、または居住者本人に意思決定が難しい場合などに対応します。

さまざまなトラブルの対応などの責任もついてきます。保証人などを立てられない場合には、保証制度の利用もできますので、こういったサービスを上手に使っていきましょう。

4.まとめ

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入居契約書について見てきました。

サービス付き高齢者向け住宅は、充実したサービスが受けられる新しいタイプの老後の住居です。良いサービスを活用するためには賃貸契約の内容や負うべき責任をはっきりとされておくことが必要となります。

老人ホームなどとの違いを認識して、高齢者がいきいきと生活できる環境を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*