サービス付き高齢者向け住宅での入浴は介助してもらうことも可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
サ高住の入浴

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入浴について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅では、プライバシーを保てる環境の整備とともに、必要に応じて入浴や食事の介助などの日常的な介護サービスを扱っていることもあります。

法律で決められている以外のサービスとはなりますが、快適で便利な生活環境を求める入居者に対してこれらは必要なものです。

施設を選ぶ際は、事前にしっかりと確認しておきましょう。

1.サービス付き高齢者向け住宅の日常生活のケア

サービス付き高齢者向け住宅では、自立度の高い人が暮らす住宅もあり、こうした現場では日常生活において介助や介護サービスの利用を必要しない人も生活しています。

食事や入浴の介助サービスや介護は、サ高住では選択制となっており、実際に利用しない人もいるほど。日常介護を必要としている場合には、併設している訪問介護サービスと個々に介護保険の契約を交わしたり、自分の選んだ介護サービスを利用したりすることで解決できます。

入浴などの身体介護や日常生活の生活援助などは、入居者のプライバシーに大きく関わることです。入居前から続けているサービスやスタッフをしっかりと引き継ぐことができるサ高住のシステムは、そんな繊細な入居者の気持ちの面もサポートしてくれています。

2.サービス付き高齢者向け住宅の入浴介助と介護サービス

サービス付き高齢者向け住宅では、基本のサービスとなる安否確認と生活相談のほかに、施設、建物内や近隣に併設の訪問介護サービスの事業所が併設してあることが多くなっています。

なかには、デイサービスや小規模多機能型居宅介護事業所を備えていることも少なくありません。ここでいう介護サービスとは主に、身体介護と生活援助、通院時の送り迎えや病院での手続きの代行などのことを指します。

2-1.身体介護とは何が含まれるか

身体介護は、介護を受ける人に対して介護スタッフが直接関わって介助などを行うものとなります。

主なものに食事の介助や排泄、入浴の介助、体の清拭、着替えなどが挙げられるでしょう。

医療行為や療養に関するケアを行うことはありません。

2-2.入浴介助サービス

入浴に必要な手助けを行うとともに、介助が必要な人に向けた専用の浴室や車椅子の入居者の方にも利用できる機械浴室などを備えていることもあります。

サ高住では、個人の居住スペース内にバスルームを持っていることもあり、また、大浴場な共用スペースとしての設置となっていることも少なくありません。

入浴介助サービスが必要となる場合には、介助のしやすさといった利便性だけでなく、プライバシーの保護といった面から個室で介助サービスの利用が受けられるような設備が整っていることも気をつけて確認するようにしてください。

また、介助が必要となる場合には、一週間に何度受けられるか、といった問題もクリアにしておいた方が安心となります。

2-3.生活援助

生活援助は、利用者に手を触れずに行う家事などが中心になります。例えば、日常的に生活する上で必要になる調理や買い物、掃除などです。

サ高住では、一般の家庭での生活とは違って、掃除や調理などの家事はほかの管理費や食事サービスなどで行われることがありますので、介護保険との兼ね合いについて説明を受けておきましょう。

3.サービスの違いと入居者の条件

3-1.楽しい老後と暮らしやすさ

楽しく豊かな老後を過ごすためには、健康状態に合ったサービスを受けられる住居選びが鍵を握ります。健康状態の変化は年齢とともに誰にでも起こり得ることです。

しかし、それが生活の不便に繋がるようであれば、さまざまなサービスで十分に補うことによって生活の質を改善していかなくてはなりません。

特に日常的に必要となる食事や入浴といった基本的な身の回りのことであれば、継続的に安心できるサービスは必要不可欠です。

3-2.介護サービスの充実した住宅

サービス付き高齢者向け住宅には、基本のサービス以外の付帯サービスについてそれぞれの施設によって差が大きく、それによって入居の条件が決まっていることがあります。介護サービスの充実した施設は、設備や管理システムなどもそれに合わせて充実していることが多く、入浴支援のための浴室の整備や、介護サービスの事業所やスタッフの適切な配置がなされています。

また、医療サービスなども合わせて利用できるようになっていることもあり、高い安全性への配慮に重点を置くところも少なくはありません。

入居の条件が要介護以上などとされている施設であれば、老人ホームに準じたサービスを提供していることも多く、プライバシーを維持しつつも高い介護や医療サービスとともに暮らすことも十分に可能です。

4.まとめ

サービス付き高齢者向け住宅の入浴について見てきました。

サービス付き高齢者向け住宅での生活は、サービス内容とその質によって大きく違いが出ます。

入居者の健康状態によって必要となる内容は違いますが、必要に応じていろいろなサービスが受けられる環境であることは大切です。

日常の暮らしを助ける入浴介助などは、外部の訪問介護を利用することもおすすめしますが、施設内に介護用の設備が整っているところを選ぶと、より快適に生活を送ることができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*