サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容ってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
サ高住のサービス

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のサービス内容について見ていきます。

サービス付き高齢者向け住宅では、高齢者住まい法という法律に基づいて、基本のサービス内容が決まっています。

「安否確認」と「生活相談」という2本の柱は、健康状態が現在は良好であっても、いざというときの不安を抱える入居者に安心感を与えてくれます。

さらに、自立した生活やプライバシーの確保ができる居住空間とともに、安全管理といったサービスもあるため、健康で快適な生活が送ることができるでしょう。

また、サービス付き高齢者向け住宅は、それぞれの事業者や建物によってサービス内容が大きく異なります。

種々の付帯施設や介護サービスなどを付けることで差異化を図っているので、そのサービスや施設を吟味することで、自分の適した住まいを選ぶことができるのではないでしょうか?

介護や介助の必要性や持病の管理など、自分の状態に応じて住みやすさが違ってくるサ高住のサービス内容、選択するときのポイントを探ってみましょう。

1.法律で決められている条件

高齢者住まい法という法律によって、サービス付き高齢者向け住宅の基準は定められています。

運営する事業者は都道府県に届け出て認可を受けることが条件とされており、建物には厳しい基準があります。

それだけでなく、一定のサービスを提供できる環境を整える必要があり、さまざま要素をクリアしなければなりません。

これによって入居者の安全で快適な暮らしは法的に守られ、十分なサービスを受けることができるようになっているのです。

法律で決められているサービスには、「安否確認」と「生活相談」があります。

この二つはサービス付き高齢者向け住宅の運営には必須となっており、これがないと認められません。

安否確認によって、普段の暮らしには人の手を全く必要としていない自立性の高い人にも、プライバシーを守りつつも安全を管理することができて安心です。

生活相談は、手助けを必要とした場合などにいち早く対応できます。事前にこういったサービス内容を把握し、入居後の生活を整える準備をしておきましょう。

2.住宅の設備、構造

サービス付き高齢者向け住宅は、住宅の設備や構造をはじめとする、介護が必要な人や車椅子での生活にも対応していなければなりません。また、自立を支えるために必要となる工夫が必要です。

例えば、バリアフリー構造を基本として、居住スペースの広さなどには厳しい基準が設けられています。

廊下は車椅子が通れる幅で、通路は段差をなくし、エレベータも設置しておく必要があります。室内には、手すりを付けることによって入居者自身が自分自身で活動しやすいように設定しなければなりません。

こういった基準がしっかり設けられているからこそ、利用者は安心して過ごすことができているのです。

また、インターホンやエントランス、玄関の開錠システムで自由に来訪者を迎えることもできるので、プライベート環境にも大きな制限がなく、縛られることのない日々を送ることができるでしょう。

3.サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容

サービス内容の基準は決められていますが、運営会社や事業者によってその方法はさまざまです。

できれば、入居前にこれらのサービスがどのように行われているかを確認しておくようにしてください。自分に合ったやり方で行われていると、職員との信頼関係も築きやすくなり、生活が楽しめます。

3-1.安否確認のしかた

安否確認の方法は特に違いが現れる重要なポイントです。職員によって管理されていますが、実際に職員が来訪して入居者を確認する方法だけでなく、機械設備によってシステマティックに管理しているものもあります。

来訪して直接顔を合わせる確認のしかたは、食事の配膳時や決められた時間に職員が訪問するのが多いようです。また、夜間の就寝時間帯に呼吸の確認をする施設も少なくありません。

管理システムはサービス付き高齢者向け住宅では、まだあまり普及していませんが、認知症や要介護の高い人の入居が多いところでは採用されています。

主にガスや電気を使用しているかの確認や、感知センサーの働きで確認するなどの方法が一般的。また居場所を伝えるセンサーを身に付けることもあるようです。

3-2.介護度の高い人も入居は可能なの?

どちらかというと介護ランクの軽度の人や自立している人の入居が多いサ高住ですが、サービスに力を入れている施設では、介護ランクの高い人を入居の条件とするところもあります。そういったところでは、医療機関や介護サービスが併設してあったり、24時間態勢でのサービスを行っていたりしています。

サービス付き高齢者向け住宅は、安全と健康が守られており、自由な暮らしができます。

基本となるサービス内容は安否確認と生活相談ですが、これら以外にも独自のサービスを提供している施設も少なくありません。

 

4.まとめ

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のサービス内容について見てきました。

基本のサービス内容も、その実施のしかたはそれぞれで、施設ごとに全く異なっています。

そのため、施設を選ぶ際は、自身の健康状態や目的を合わせて、よく吟味するようにしてください。そして、快適に暮らすことができる施設を選ぶためにも、その内容を細かく知っておくようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*