病気

ヒートショックの死亡者数は交通事故の4倍!今日からできる7つの対策

ヒートショック

ヒートショックについて見ていきます。

「ヒートショック」という言葉をご存じでしょうか。

ヒートショックとは、急激な温度変化が原因で生じる身体変化のことで、特に高齢者の身近にひそむ死亡要因の一つです。

脱衣所や浴槽などでクラッとした経験をみなさん一度は持っていると思いますが、実はその症状こそヒートショックと呼ばれるものです。

家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1がヒートショックに関係しているとされ、早急な対策が呼びかけられています。

そこで、ヒートショックを予防するために、この症状の注意点と対策を詳しく見ていきましょう。

ヒートショックの特徴を抑えておけば、今日からでも対策することは可能です。

ここでは、ヒートショックの詳しい内容と7つの対策を紹介します。

1.ヒートショックとは?

ヒートショックとは

  • 急激な温度変化によって起こる健康被害
  • 冬場の入浴で多く症状が現れる
  • 年間死亡者数は交通事故による死亡者数の4倍以上

ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって血圧が上下に大きく変動することをきっかけにして起こる健康被害のことです。

失神や心筋梗塞、脳梗塞、不整脈を起こすことがあります。

入浴時に血圧が急激に低下してしまい、そのまま失神して溺れてしまうケースもヒートショックに当てはまります。

1-1.冬場の入浴時にヒートショックが増える

東京都健康長寿医療センター研究所の調査によると、特に外気温が低くなる12月から1月にかけてヒートショックに関連する入浴中急死は最も高くなり、最も少ない8月の11倍にもなります。

住宅内で暖房をしていない脱衣所や浴室で衣服を脱ぐことで、急激に体温が下げられ、寒冷刺激によって血圧が急激に上がります。

しかし、浴そうにつかっていると温熱効果で血流が良くなるため、急激に血圧が低下します。

そして、温まった身体で寒い脱衣所に戻ることで、再び血圧が上昇します。

この血圧の変動がヒートショックを引き起こす要因となります。

1-2.ヒートショックによる死者は年間1万7000人

東京都健康長寿医療センター研究所がおこなった調査では、2011年に全国で約1万7000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死にいたった、と推計されました。

交通事故による死亡者数の4倍以上であり、そのうち高齢者は8割を超える1万4000人にもおよびます。

1-3.ヒートショックの認知度は国民の約半数

ヒートショックの要因を認知促進し、予防対策を啓発していく暖差リスク予防委員会は、2014年10月に全国の20~70代の男女2500人を対象に、冬の住宅に関する調査を実施しました。

調査の結果、約半数の人がヒートショックという言葉自体を知らないということがわかりました。

ヒートショックは危険な症状ですがしっかり対策することができます。

そのためには、まずはヒートショックについて知ることが大切です。

2.ヒートショックの影響を受けやすい人

ヒートショックになりやすい人

以下に当てはまる人は、ヒートショックの影響を受けやすいため、特に注意が必要です。

  • 65歳以上の高齢者
  • 高血圧・糖尿病・動脈硬化を患っている
  • 不整脈がある

高齢者は血圧変化をきたしやすく、また体温を維持する生理機能も低下しているため注意が必要です。

高血圧の人は血圧の急激な変化に伴って低血圧を起こしやすいため、意識を失うことが懸念されます。

糖尿病や動脈硬化を患っている人も、血圧のスムーズな維持が難しくなっているため、注意が必要です。

また、飲酒後に入浴をする人、熱い湯・一番風呂を好む人もヒートショックの影響を受けやすいです。

3.ヒートショックを予防する7つの対策

ヒートショックへの対策

ヒートショックの予防には、急激な温度差をなくすことが重要です。

そのための具体的な対策を見ていきましょう。

3-1.脱衣所やトイレに暖房器具を設置

冷え込みやすい脱衣所やトイレをあたためることは効果的な対策の一つです。

居間と浴室の温度差をなくすことで、身体に急激な温度変化を与えないようにしましょう。

高齢になるほど気温や室温に対する感覚は鈍ってくるため、「寒くないからだいじょうぶだ」と何もしないのではなく、暖房器具を置いて入浴前にあたためておくようにしましょう。

ハロゲンヒーターのように、スイッチを入れてすぐあたたかくなる暖房器具が向いています。

3-2.浴室をあたためておく

脱衣所があたためられていても浴室が冷えたままでは効果は半減します。

あらかじめ浴そうのふたを開けておいたり、シャワーを活用してお湯張りをしたりすることで浴室をあたためておきましょう。

高い位置に設置したシャワーから浴槽へお湯を張ると、浴室全体をあたためられるため効果的です。

3-3.お湯の温度を38~41度に設定

シャワーや浴そうの温度が高いと入浴後の体温と浴室・脱衣所との温度差が大きくなるため危険です。

そのため、温度差を小さくするためにもお湯の温度は41度以下に設定しておくことがおすすめです。

3-4.飲酒時には入浴をしない

食後一時間以内や飲酒後は血圧が下がりやすくなっていて、入浴前後の血圧の変動が大きくなるので、ヒートショックになりやすいです。

食事・飲酒の前に入るよう心がけ、もし食後・飲酒後に入浴する場合は1~3時間程度、間を置くようにしましょう。

3-5.夕食前・日没前に入浴する

14~16時頃のように、外気温がまだ高く、人の生理機能が活動的だと温度差へ適応しやすいので、夕食前や日没前の入浴が効果的です。

3-6.家族がいるときに入浴する

家に一人のときに入浴し、万が一ヒートショック状態になってしまった場合、自分ではどうにもできません。

家族がいる時間に入浴するようにし、入浴前には入浴することを知らせてから入るようにしましょう。

ひとり暮らしの人や、家族と時間を合わせるのがむずかしい人は、公衆浴場や銭湯など人の目があるところで入浴するのも一つの方法です。

3-7.入浴前後にコップ1杯の水を飲む

体内の水分が不足すると高血圧になりやすいので、入浴の前後に水分補給をすることがおすすめです。

お湯の中につかっているため気づきにくいですが、入浴中にかく汗の量は500~800mlともいわれています。

1本のペットボトルに水を入れて、浴室に持ち込み、入浴後に飲み切れるよう、入浴前~入浴中に少しずつ飲むのもいいかもしれません。

4.入浴の仕方でもヒートショックを回避

ヒートショックを防ぐ入浴方法

入浴のしかたを一つとってもヒートショックの回避につながります。

急激な温度変化を起こさないようにする意識が大切です。

  1. 徐々に身体を温めるように手や足といった末端の部分にかけ湯をする
  2. 足からゆっくりと湯船に入る
  3. 長湯はせず、ほんのりと汗ばむ程度で出る
  4. 急に立ち上がらず、ゆっくり湯船から出る

5.まとめ

ヒートショックについて見てきました。

ヒートショックを防ぐ6つの対策
1.脱衣所・トイレに暖房器具を設置
2.浴室を暖めておく
3.お湯の温度を38~40℃に設定
4.飲酒時には入浴をしない
5.夕食前・日没前に入浴する
6.一人での入浴を控える

ヒートショックは高齢者の大きな死亡要因です。

冬場の脱衣所・浴室・トイレなど、冷え込みやすく急激な温度変化が生じやすい場所で起こりやすいことを踏まえ、対策をしましょう。

副作用で手足が震える?薬剤性パーキンソニズムの4つの症状とは?

パーキンソニズム

パーキンソニズムについて見ていきます。

多くの人が、「パーキソン病」という言葉を耳にしたことがあると思います。今回は、このパーキンソン病と紐づけて語られることも多い、「パーキンソニズム」についてお話していこうと思います。

1.パーキンソニズムとは?

まず、「パーキンソニズムとは何か」ということを考えていきましょう。パーキンソニズムとは、パーキンソン病と同じような症状が出るのですが、「その原因ははっきりとした、明確なものである」という特徴があります。パーキンソン病の方は原因が明らかではないので、この違いは非常に大きいと言えます。

2.薬の副作用による薬剤性パーキンソニズム

パーキンソニズムには、「薬剤性パーキンソニズム」と「脳血管性障害背パーキンソニズム」があります。今回は、前者の「薬剤性パーキンソニズム」についてのみ取り上げます。

2-1.主な原因

本来は体の調子を整える役目のある、「薬」の副作用によって起こるものです。ドーパミンの減少を担う薬(たとえば、妄想などを押さえるための抗精神薬など)を使うことによって、このパーキンソニズムは生じる危険性がある、と考えられています。必要以上にドーバミンの量を減らしてしまうことによって、副作用としてパーキンソニズムが起こりうるのです。

2-2.4つの特徴的症状

薬剤性パーキンソニズムには、4つの代表的な症状があります。

2-2-1.振戦(震え)

パーキンソニズムの代表的な症状のうちの一つが、「震え」です。主に出る箇所は「手」で、小刻みに震えることがあります。

2-2-2.固縮

筋肉が異常に緊張している状態です。この状態になると、「姿勢の維持」が極端な形ででてきます。たとえば、枕などに頭を預けているときに、枕を取り除いても、頭が布団に落ちることなく、そのままの状態で維持されます。

2-2-3.無動

表情が消え失せたり、体の動きが極めてゆっくりになったりします。動き自体が制御されてしまうので、「椅子からの立ち上がり」「歩行」もスピードダウンします。

2-2-4.姿勢保持障害

人間は、基本的には、「現在の姿勢を維持しよう」「転ばないようにしよう」という防御反応を持っています。そのため、私たちは、転びそうになったときとっさに手をついて、顔面や頭部への衝撃から体を防御する、ということができるのです。

しかしパーキンソニズムの場合、このような防御反応が間に合いません。立位の状態で前方から衝撃(胸をとんと押す、など)を与えた場合、健康な人ならば足を一歩引いて転ばないようにするのに、パーキンソニズムを患っていると、その動作が間に合わず、転んでしまいます。

3.症状の改善には?

薬剤性パーキンソニズムの場合、「薬」が原因ですから、薬をやめることによって回復します。回復に必要な基幹は、2か月~半年程度だと言われえています。ただし、この「投薬の中止」は、個人個人の判断によって行うべきではなく、薬を処方している医師に症状を訴えたうえで、服薬の継続―中止を決めるべきです。薬によっては、「中止することで、もっと大きな健康トラブルがおきるもの」というのも存在するからです。

4.まとめ

パーキンソニズムについて見てきました。

パーキンソニズムの4つの症状
1.振戦(震え)
2.固縮
3.無動
4.姿勢保持障害

パーキンソニズムとパーキンソン病は、「原因がはっきりしているか、それともはっきりしていないか」ということで分けられます。しかしその症状自体はほとんど同じであり、4つの代表的な症状を発症します。

薬剤性パーキンソニズムの場合、原因が「薬」ですから、薬の服用をやめることによって、症状は改善し、おさまります。しかし、ものが「薬」であるため、勝手にやめるのは厳禁です。必ず、かかりつけの医師に相談し、薬の服用中止やほかの薬への切り替えなどを指示してもらうようにしましょう。独断は絶対にやめるべきです。

膠原病の可能性あり!知っておきたい6つの初期症状

膠原病

膠原病の初期症状について見ていきます。

「膠原病」という言葉は、多くの人が耳にしたことのあるものでしょう。しかしその実態については、「よく知らない」という人も多いのではないでしょうか。

1.膠原病とは?

意外に思われるかもしれませんが、「膠原病」という名前は、「疾患名」という位置づけとしては使われていません。膠原病の原因はわかっておらず、「原因が不明であるのに、特徴的なさまざまな身体的な異常が起こり得る」という状態を指しているのです。

膠原病というのは、「疾患名」ではなく、「病気における、新しい意識・新しい考え方」とも言うべきものです。特定の臓器にのみ起こるものではなく、さまざまな臓器が、同時期に異常をきたすという状況を表す言葉として使われるのが本来の形です。

なお、この「膠原病」という単語は、1942年ごろから使われるようになりました。

2.具体的な6つの初期症状

さて、それでは、この膠原病にはどのような症状があるのでしょうか。

2-1.発熱

37度程度の発熱が続きます。しかし、「ずっとそれだけの熱がある」ということではなく、1日の限られた時間だけ熱が出るとか、逆に高熱が続いたりするなど、症状はさまざまです。

2-2.痺れ

指先などにおいて、痺れがみられることがあります。ほかの病気と区別しにくい形で出ることが多いようです。

2-3.レイノー現象

指先の色が、いきなり変色します。「何色に変わるのか」というのはケースバイケースで、紫色、赤色、白色などがあります。

2-4.関節や筋肉の痛み

風邪などを引いたときに関節が痛んだ、という人もいるのではないでしょうか。このような症状が、さまざまなところで起こります。同時併発することも。

2-5.皮膚症状

顔を中心に、身体全体に発疹や紅斑が表れます。多くの場合は痛みは伴いませんが、一部の箇所(ひじや脚など)に表れる場合は痛く感じることがあります。

2-6.リンパ腺の腫れ

ワキだけでなく、首などのリンパ線も腫れることがあります。しかし、「強烈な痛み」をもたらすことは、それほど多くはないと言われています。

3.膠原病に分類される病気

膠原病のなかに分類される病気は、実にさまざまです。よく耳にする、「悪性関節リウマチ」や通風(偽痛風)なども、この膠原病に含まれています。それ以外にも、アレルギー性疾患や、骨粗しょう症なども含まれています。

しかし、膠原病の特に特徴的なのは6つの病気です。そのなかでも、「全身性エリテマトーデス」「強皮症」「多発性禁煙及皮膚筋炎」「血栓性多動脈円」は、特定疾患治療研究対象疾患と定められています。

4.症状が続く場合、膠原病の可能性あり

上記であげた症状は、膠原病でなくても、なる可能性があるものです。たとえば、風邪やインフルエンザでも同じような症状がみられます。

しかし、膠原病の場合、「時間が経てば治る」というものではなく、長く続きがちです。

4-1.風邪との違い

上記でも述べましたが、膠原病と風邪は、「続く期間」というのが大きく違います。風邪であれば治るであろうだけの療養期間を経ても治らないときは、膠原病を疑いましょう。

4-2.専門医のいる医療機関がおすすめ

膠原病というのは、ほかの病気と似ている症状が多く、なかなか見分けがつきません。しかし、だからこそ、専門医にかかり、しっかりと診断してもらうことが重要になってきます。

膠原病の専門医の数はそれほど少なくありませんから、受診する先の選択肢には事欠かないでしょう。

5.まとめ

膠原病の初期症状について見てきました。

膠原病の6つの初期症状
1.発熱
2.痺れ
3.レイノー現象
4.関節や筋肉の痛み
5.皮膚症状
6.リンパ腺の腫れ

「原因がわからない」という膠原病は、確かに不安なものです。しかし、出てくる症状を知り、専門医に話をすることで、上手に付き合っていくことができます。

老眼を治す方法?最新の老眼治療7選&明日からできる予防方法5選

老眼

老眼を治す方法、予防方法について見ていきます。

一度老眼になってしまうと、もう治らない、治療方法がないと考えている人も多いのではないでしょうか?

加齢によってほとんどの人が老眼になってしまいますが、最新の治療によって改善させたり、また老眼になる前から予防を行うことで老眼の進行を遅らせたりできます。

最新の老眼治療方法と、誰でも簡単にできる老眼の予防方法について見ていきましょう。

1.老眼の原因になるものは?

どういったことが原因で老眼になってしまうのでしょうか?

また、老眼の進行を早めてしまうような行為はあるのでしょうか?

1-1.老眼の原因は加齢による調節機能の衰え

目の構造(水晶体など)

老眼の原因は、水晶体と目の筋肉(毛様体筋)の衰えです。

水晶体とは目の中のレンズの役割をしているもので、毛様体筋と呼ばれる筋肉の働きによって、厚くなったり、薄くなったりしてピントを合わせています。

加齢によって、水晶体は弾力を失い、また毛様体筋の働きも弱くなり、スムーズに伸び縮みができないようになってしまいます。

そのため、うまくピントを合わせることができず、近くのものがぼやけて見えてしまうのです。

この水晶体と毛様体筋の衰えは40歳ごろから始まるといわれていますが、早い人では30代頃から症状が出る人もいます。

一度老眼が始まると、65歳ごろまで症状は進行し続けます。

1-2.老眼の進行を早める行為

1-2-1.デスクワークなどの座り仕事が老眼を早める

長時間の事務作業などのデスクワークが多い方は要注意です。

首や肩などの血流が悪くなってしまうことが多く、目に酸素や栄養がうまく行き渡らず老眼の進行を早めてしまうと考えられています。

1-2-2.運動不足が老眼を早める

運動不足も血流が悪化してしまうため、老眼の進行を早めてしまいます。適度な運動を心がけるようにしましょう。

1-2-3.老眼鏡を使わないと老眼を早める

老眼鏡無しでスマホを見る

老眼が始まっているにもかかわらず、無理に裸眼でものを見ようとすると、余計に目を疲れやすくすることになり、老眼の進行を早めてしまう可能性があります。

「老眼鏡を使うと老眼が早く進行する」という都市伝説がありますが、むしろこちらの方が問題です。

2.最新の老眼治療7選

近年では目の治療方法も多様化し、選択肢が増えました。どのような治療手段があるのかについて紹介します。

2-1.モノビジョンレーシック

レーシック

レーシックとは、レーザーを使い、角膜と呼ばれる眼球の外側にある透明の膜を薄く削り、光の屈折力を調整することで視力を回復する手術です。

通常のレーシックでは左右の視力を同じ水準にしますが、このモノビジョンレーシックでは一方の目を遠くのものを見る用に、もう一方を近くのものを見る用に視力に差をつけるレーシックです。

片方の目では遠近のどちらかしか見ることができませんが、両目で見ることでどちらもはっきり見えるようになります。

ただし、長時間遠く(もしくは近く)を見続ける人はこのモノビジョンレーシックは向きません。

2-2.レインドロップ

「raindrop」という名前の老眼治療用レンズを角膜内に挿入する手術です。

このレンズの影響で近くのものが見やすくなります。

やや小さめの文字でも裸眼で見えるようになりますが、まれに視力が安定しないことがあり、その場合はレンズを摘出するということがあります。

2-3.アキュフォーカスリング

よく見える両目

アキュフォーカスリングとは、角膜の中に極小のリング(AcuFocus Ring)を挿入し、「ピンホール効果」で近くのものが見やすくなる治療方法です。

視力が安定するまでに3~6カ月程度かかることがあります。

また、若干視界が暗く見えるように感じます。

2-4.多焦点眼内レンズ

目の水晶体を取り除き、代わりに多焦点眼内レンズを挿入します。

このレンズは遠近両用メガネの役割をして、遠くのものと近くのものを見ることができるようになります。

非常に高価であることがネックになるかもしれません。

2-5.フェイキックIOL

角膜の内側にレンズを入れる治療方法で、レーシックが不適応になってしまった人でも手術を受けられる、として注目を浴びています。

「永久コンタクトレンズ」として新聞に紹介されたこともあります。

多焦点眼内レンズ同様、比較的価格が高いことが難点です。

2-6.CK(伝導性角膜形成術)

CKは高周波を角膜周辺部に照射することで、角膜の形状を変えることで視力を矯正する手術法です。

基本的には片方の目のみ行い、モノビジョン(左右の視力に差がある)の状態になります。

2-7.オルソケラトロジー

コンタクトレンズ

オルソケラトロジーとは特殊なコンタクトレンズを用いた角膜矯正で、就寝中にこのレンズを装着することで行います。

レンズに合わせて角膜の形状が変わり、視力が向上します。

ただし、効果が続くのは約一日で、毎晩就寝時に装着する必要があります。

3.老眼の予防方法5選

では、老眼にまだなっていない人は、老眼が始まるのを遅らせるためにどのような予防ができるでしょうか?

3-1.眼球ストレッチをする

眼球を上下左右に動かすことで、眼の周りの筋肉をほぐすことができ、老眼の予防になります。

参考:目のストレッチの方法|参天製薬
http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/eyecare/stretch/

3-2.3Dアートによるトレーニングをする

3Dアートという目の焦点をずらして見つめることで絵や写真が立体的に見える画像を、一日数分行うだけでもいい目のトレーニングになります。

眼球ストレッチと同様、筋肉のコリをほぐすので、老眼の予防として有効と考えられています。

3-3.疲れ目のケアをする

疲れ目の状態が続くと、目の周りの筋肉が緊張しっぱなしになってしまい、どんどん衰えていきます。

そのため、老眼になるのが早まってしまう可能性があります。

この緊張を解消し、筋肉を柔軟に保つことが老眼の予防につながります。

3-3-1.ツボを刺激する

ツボ押し目の近くや、首の後ろの辺りにある「ツボ」を刺激することで疲れ目に効果があるといわれています。

眼球ストレッチとともにやるとより効果的でしょう。

参考:疲れ目に効くツボ押し|田辺三菱製薬のヘルスケア
http://www.mt-pharma.co.jp/healthcare/library/eye07.html

3-3-2.十分な睡眠をとる

睡眠不足も疲れ目を長引かせる原因となります。

特に、パソコンなどで目を酷使した日などは意識的に長めの睡眠をとるようにするといいでしょう。

3-3-3.温めたり冷やしたりする

目やその周辺を温めたり、冷やしたりすることで血流を改善し、疲れ目を和らげる効果が期待されます。

温めるのと、冷やすのはどちらも有効と考えられていますが、目に炎症や充血がある場合は、冷やす方がいいでしょう。

痛みを伴うような症状の場合は、どちらもせず眼科医に相談するようにしましょう。

3-5.バランスの良い食事を心がける!目にいい食材とは?

ビタミンやミネラルをバランスよくとることが重要です。

その中でも注目されているのが、ルテインやアントシアニンなどの抗酸化作用を持つ栄養素です。

抗酸化作用により体内で生じる活性酸素を除去したり、発生を抑えたりします。

ホウレンソウ

ルテインは青汁に使われるケールやホウレンソウに多く含まれます。

油と一緒にとることで体内への吸収率が高まるため、油で炒めたり、ドレッシングをかけて食べるといいでしょう。

アントシアニンは紫色の色素体なので、食品も色味の強いものが多いです。

例えば、ブルーベリーやブドウ、なすや黒豆などです。

最近耳にすることが多い「アサイーベリー」には非常に多くのアントシアニンが含まれることがわかっています。

紹介した特定のものばかりを食べるのではなく、バランスよく食べることを意識しましょう。

4.まとめ

老眼を治す方法、予防方法について見てきました。

老眼は加齢によって進行していく「仕方がない」ものとして考えている人も多いと思いますが、近年では多用な治療方法が存在しています。

目の手術と聞くと誰しも不安を抱くと思いますので、実際に治療する際は事前に医師と納得するまで相談されることをおすすめします。

また、現状では目の治療は保険適用外のものが多く、費用も決して安くはありません。

日頃から目をいたわり、老眼になるのを少しでも遅らせられるよう意識してみましょう。

参考:
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=rougan
http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hyperopia/
http://www.minatomiraieye.jp/
http://www.ortho-k.co.jp/index.html