治療

認知症の進行を抑制?症状を緩和するコリンエステラーゼ阻害薬とは?

コリンエステラーゼ阻害薬

コリンエステラーゼ阻害薬について見ていきます。

認知症の多くは、不可逆性です。しかし、「治す」ことはできなくても、その進行を遅らせることはできます。今回は、そんな「遅らせること」を目的として使われている薬のなかから、「コリンエステラーゼ阻害薬」というものを取り上げましょう。

1.コリンエステラーゼとは?

コリンエステラーゼとは、人間の体にある酵素のうちの一つです。これには2種類があり、「真性」と「偽性」に分けられています。ただし、「偽性」とされている方が「偽物である」ということではありません。偽性とは、すい臓などの臓器や結成に含まれているものを指し、真性は赤血球などのなかに含まれているものを指します。優劣ではなく、「どこに含まれているのか」ということの違いです。

1-1.アセチルコリンエステラーゼ

さて、「アセチルコリンエステラーゼ」というものがあります。このアセチルコリンエステラーゼは、「アセチルコリン」という成分を、「酢酸」と「コリン」の2つに分けます。これは、上でいう、「真性コリンエステラーゼ」のことを指します。

1-2.プチリルコリンエステラーゼ

これは上であげた「偽性」のコリンエステラーゼのことです。健康診断などで使われているのはこちらの方です。

2.コリンエステラーゼ阻害薬の作用

コリンエステラーゼ阻害薬の概要を知るためには、まずは、アルツハイマー型認知症のメカニズムを知らなければなりません。

アルツハイマーにおいては、上でも少し触れた、「アセチルコリン」という神経伝達物質が少なくなってしまいます。神経の伝達物質が少ない状態ですと、情報の受け渡しがうまくいかず、認知症が進んでしまうのです。

そこで、上であげた、「アセチルコリンエステラーゼ」の項目に戻ってみましょう。アセチルコリンエステラーゼは、神経伝達物質であるアセチルコリンを分解してしまうのでしたね。

では、認知症を悪化させないためにはどうすればいいのか。それには、アセチルコリンエステラーゼの働きを抑え、アセチルコリンの量を減らさないようにすればいいわけです。このようなことを目的として、コリンエステラーゼ阻害薬は作られています。

関連記事:アルツハイマーとは?250万人以上の患者がいる認知症

3.コリンエステラーゼ阻害薬の医学的用途

コリンエステラーゼは、認知症だけでなく、重症筋無力症の対処策としても利用されています。

4.認知症治療薬の登場

このような働きを使用して、認知症のための薬が出てきています。

4-1.ドネペジル

「アリセプト」「ドネペジル塩酸塩」という呼び名でも呼ばれます。アルツハイマー型認知症だけでなく、レビー小体型認知症にも効果があるといわれ、ゼリー状のものやシロップ状のものなどもあります。

関連記事:認知症患者の3分の2に有効な薬?アリセプトとは?

4-2.ガランタミン

「レミニール」という商品名を持ちます。アルツハイマー型認知症に効果的とされています。1日2回の服用。

4-3.リバスチグミン

商品名は「イクセロンパッチ」などです。アリセプトと似た作用です。貼り薬としてよく用いられます。

4-4.メマンチン

1週間ごとに薬の量を増やして使って行きます。アリセプトと一緒に使うことができる、ちょっと珍しい種類であり、かつ併用することによって相乗効果を期待することができます。幻覚などの副作用が出ないというメリットはあるのですが、めまいなどがみられることがあります。

5.まとめ

コリンエステラーゼ阻害薬について見てきました。

コリンエステラーゼの作用というのは、かなり難解であり、完全に理解するのは難しいかもしれません。しかし、このコリンエステラーゼが、認知症において、大きな影響を与えているものであることは確かです。また、これらの働きから導き出した薬は、認知症対策として非常に有用であり、いろいろなものが開発されています。上手に利用していきましょう。

認知症患者の3分の2に有効な薬?アリセプトとは?

アリセプト

アリセプトについて見ていきます。

認知症の多くは不可逆性です。しかしながら、不可逆性であっても、役に立つ薬というのはたくさんあります。今回はそのなかから、「アリセプト」を取り上げましょう。

1.アリセプトの概要

まずは、アリセプトとはどういうものか、ということを考えていきましょう。

1-1.アリセプト(ドネぺジル塩酸塩)とは?

アリセプトとは、認知症の薬として開発されたものであり、1999年の終わり(10月~11月)に販売が開始されました。アリセプトというのは商品名であり、「ドネペジル塩酸塩」というものです。

現在は、ジェネリック製品もでています。

1-2.アリセプトの種類と剤形

アリセプトは基本的には錠剤です。しかし現在では、細粒タイプの物も出ています。また、それ以外にも、少量の水(唾液でも可)で溶ける、「口腔内崩壊錠」と呼ばれるものや、ゼリータイプ、シロップ状態になっているものもあります。それぞれの嚥下能力の状態などによって使い分けられており、多くの人が飲みやすいように工夫されています。

1-3.アリセプトの承認状況

アリセプトは、15年以上の歴史を持つ薬です。1999年に初めて、アルツハイマー型認知症(当時は「アルツハイマー型痴呆症」と言われていました。この名称が「認知症」に変わるのは、それから5年後のことです)の薬として打ち出されました。当時は錠剤タイプでしたが、2年後には細粒タイプのものが承認されました。

2007年になると、それまでは「軽度~中等度を対象とした薬である」とされていたものが改められ、「高度にもきく」として追加承認をうけました。いまでは、ゼリータイプやシロップタイプもあります。

2.アリセプトの作用基準と効果

少し専門的な話になりますが、作用基準と効果についてみていきましょう。

2-1.作用基準

認知症では、記憶にまつわる能力が低下します。この「記憶」には、アセチルコリンが関わっているのですが、これ働きが落ちて不活性化すると、認知症は進んでしまいます。

このアセチルコリンは、アセチルコリンエステラーゼという物質(酵素)によって分解されます。

つまり、アセチルコリンエステラーゼの働きを妨害すれば、アセチルコリンが減らず、記憶能力の低下を防げる、ということです。アリセプトは、このアセチルコリンエステラーゼの妨害役として開発されました。

関連記事:認知症の進行を抑制?症状を緩和するコリンエステラーゼ阻害薬とは?

2-2.効果

このような作用でもって認知症対策に貢献するアリセプトですから、とても有効ではあります。しかしアリセプトができるのは、当然のことながら、認知症を「治すこと」ではなく、「進行速度を遅らせること」になります。

3.アリセプトの注意点

アリセプトは薬ですから、当然取扱いには注意が必要です。

3-1.アリセプトの副作用

アリセプトの副作用としては、「胃腸」に作用するものがあります。しばしば、食欲が減退したり、嘔吐、下痢などが起こったりすることがあります。場合によっては服薬中止になることも。

また、不自然に会話が増えたり、動き回ったりという症状がみられることもあります。

3-2.アリセプト服用に関する禁忌

心筋梗塞などの病気にかかった場合や、ペースメーカーを使用している人は医師に相談しなければなりません。また、ピペリジン(化合物の一種)誘導体に過敏に反応する人は使えません。

4.レビー小体型認知症に関する適応追加

アリセプトは、アルツハイマー型の認知症にも、レビー小体型の認知症にも効果を示します。アリセプトが「レビー小体型にも効果がある薬だ」と承認されたのは、実はつい最近であり、1年もたっていません。(承認は2014年9月)

関連記事:レビー小体型認知症の3つの特徴と家族がすぐ実践できるケアレビー小体型認知症に治療方法はある?どんな薬があるのか?

5.まとめ

アリセプトについて見てきました。

アリセプトは非常に効果的な薬といわれています。レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症をあわせた総数は、認知症全体の3分の2になると言われています。このように考えると、(禁忌であり使用できない人はいるにせよ)アリセプトは、認知症の人の3分の2に使える、極めて汎用性の高い薬である、と言えるでしょう。

認知症の改善にも?知っておきたい非定型抗精神病薬の正しい知識

非定型抗精神病薬

非定型抗精神病薬について見ていきます。

「抗精神病薬」というと、「自分とはまったく関係のないものだ」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、その認識は必ずしも正しいわけではありません。今回は、抗精神病薬についてみていきます。

1.抗精神病薬とは?

そもそも、抗精神病薬とはどういったものを指すのでしょうか。それについてまずは未定行きます。

1-1.従来型抗精神病薬

抗精神病薬には、幻覚などの症状や不安な気持ちを押さえたり、モチベーションを上昇させたりする効果が見込めます。この抗精神病薬は、1950年代にはすでに打ち出されており、一般的に「従来型抗精神病薬」と呼ぶものは、1950年~1999年までに作られた薬を指します。(ただし、「1980年ごろから、従来型意外の非定型型抗精神病薬が使われ始めた」とする説もあります)

1-2.新規抗精神病薬

新規抗精神病薬は、「非定型抗精神病薬」とも呼ばれるものです。主に3つに分けられており、従来の薬と同じくらいか、それ以上の効果を持って、陽性症状に作用します。こちらの場合、陰性の症状に対するアプローチ能力や、認知症に対しても効果があると言われています。

ちなみに、わかりにくい「陽性」「陰性」の違いですが、陽性は、幻覚や妄想が起こったり、支離滅裂な会話をしたりといった、比較的「外側」に向かう症状を指します。対して陰性は、感情の低下や意欲がわかないなどの症状をさします。

2.定型抗精神病薬と非定型抗精神病薬の比較

上でも軽く触れましたが、ここからは、定型抗精神病薬と非定型抗精神病薬の違いを紹介することにします。

2-1.従来型

名前からもわかる通り、昔からある形の薬です。この薬は、かつては大変頼りにされていました。

2-1-1.作用

従来型の抗精神病薬は、ハロペリドールなどがその代表例です。陽性の症状には特によく聞き、妄想や幻覚などの症状を軽減するために役立ちました。

2-1-2.副作用

従来型の抗精神病薬の場合、陽性タイプの症状にはよくきくのですが、陰性の場合は効果が薄く、その上、一部の分裂症患者には効果がないと言われていました。また、生理が止まったり、性欲減退などの副作用が出たりする人もいました。

2-2.新規型

新規型は、従来型の後にでてきたものです。そのため、基本的には、従来型よりもメリットが大きいです。

2-2-1.作用

陰性症状においてもよくきき、アプローチが可能です。そのため、従来の抗精神病薬では改善が難しかった症状にもよくききます。

2-2-2.副作用

どんな薬であっても、薬である以上、副作用から逃げることは難しいと言われています。抗非定型抗精神病薬の場合は、太ったり、口や喉が非常に乾いたりするなどの症状がみられます。

3.非抗精神病薬の主な3つのタイプ

非抗精神病薬には、大きく分けて3つの種類があります。

3-1.SDA系

セロトニンとドーパミンに関係する薬です。ドーパミンが増えすぎると、陽性症状(妄想など)が出やすくなります。そこで、ドーパミンの受容体をブロックする、という作用を薬に持たせます。これによって、陽性症状を抑えることが可能になるのです。

3-2.MARTA系

セロトニンとドーパミンの受容体だけでなく、それ以外の神経伝達にも働きかけて、陽性状態を抑えるものです。陰性症状に対しても、きちんと対応できます。

3-3.DSS系

これは、単純に「量を抑える」だけでなく、「足りなかったらもっと量を出すように」という指示をドーパミンに出せます。

この理屈からもわかるように、陰性にも陽性にも効果があります。

4.ライフスタイルに合わせた選択

薬の選び方というのは、実にさまざまです。それぞれに特徴がありますから、どのような薬を使うべきか、というのは、よく話し合った方がよいでしょう。

5.まとめ

非定型抗精神病薬について見てきました。

抗精神病薬には、認知症に対抗する力もあると言われています。しかし抗精神病薬には複数の種類がありますし、薬は副作用もあるもの。「周囲の家族が認知症だから」「認知症になりたくないから」という理由で薬を自己判断で飲むのはやめ、まずは医師に相談しましょう。

参考:
http://www.mh-net.com/lecture/kusuri/kouseis.html
http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/rikai/shojo1.html
http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/rikai/shojo2.html
http://www.smilenavigator.jp/tougou/medicine/explanation/exp02_02.html
http://www.smilenavigator.jp/tougou/medicine/explanation/exp02_03.html

認知機能が向上する?回想法の3つの効果

回想法

回想法について見ていきます。

認知機能の向上が見込めるのではないか、と言われている方法に「回想法」があります。

1.回想法とは?

「回想法」というのは、1960年ごろから、概念として出てきたものです。年をとると、昔の話を繰り返したり、昔経験したことが「今」起こっているかのように詳細に述べたりする、という行動をとります。この行動は、周囲の人にとっては、ともすればうっとうしく思われがちでした。

しかし研究が進むうち、「昔のことを思い出すことにより、現在の生活や心を豊かにするのではないか」と考えられるようになりました。現在では、認知症予防のための一つの方法となりうるのではないか、という見方も出てきており、高齢者施設などでも導入されています。

「話す」「聞く」というコミュニケーションは、認知症予防において非常に効果的であるため、回想法が取り入れられるようになったのも、自然の流れと言えるでしょう。

関連記事:今日から実践できる!認知症の予防に効果的な16の食材と食事

2.回想法の種類

回想法には、「個人回想法」と「グループ回想法」の2つがあります。

2-1.個人回想法

「個人回想法」とは、その名前の通り、個人で行うものです。しかし、回想法の大きなメリットは「コミュニケーションがとれる」ということですから、高齢者1人だけで、内的に回想をするわけではありません。カウンセラーと1対1で行います。

これには、リハビリのように、日時を決めて行うものと、日常生活で行うものの2種類があります。

2-2.グループ回想法

こちらは、6人~8人のグループで行います。レクリエーション的な意味も含むものであり、童謡を歌ったり、昔の遊びが組み込まれたりすることもあり、「同世代とともに、昔懐かしい時代を語り合う」という趣旨です。

3.回想法がもたらす3つの効果が認知機能の向上につながる

では、この「回想法」は、どのようなメカニズムでもってして、認知機能をあげているのでしょうか?そのメカニズムについてみていきます。

3-1.脳の活性化

記憶を呼び起こし、脳から思い出を引っ張り出すことは、脳を動かすことにつながります。これによって、脳の活性化を図ることができます。

3-2.コミュニケーション意欲の向上

コミュニケーションを持つ、ということは、認知症の予防につながります。これは、脳の血行が促進されるからだと考えられています。また、人と話す機会をたくさん持つことによって、もし認知症になったときでも、すぐに周囲の人が気づき、早期治療に取り組みやすいというメリットがあります。

3-3.心の安定

人間は、誰もが承認欲求を持っています。「自分の話をきちんと聞いてもらえる」ということは、心の安定を図るうえで、非常に有用です。また、昔の話をすることは、自分の人生を振り返ることにもつながり、精神面を充足させます。

4.遠藤医師の回想法スクールエンド

テレビでも取り上げられたものに、北名古屋の遠藤医師による回想法があります。「自分自身について自由に話してください」といっても、なかなか人は話し始めることができません。しかし、「餅つき」のような一つのキーワードを与えることによって、それの思い出話がたくさん出てきます。

人間は年をとって「記憶を失って」いったとしても、昔のことはよく覚えています。この「よく覚えていること」を意識的に引き出す回想法によって、人間は、生理的な機能の高まりや血行促進、精神の充足が得られる、と医師は指摘しています。

5.まとめ

回想法について見てきました。

回想法の3つの効果
1.脳の活性化
2.コミュニケーション意欲の向上
3.心の安定

回想法は、薬を使わない認知症予防の方法です。リスクがなく、心の安定にもつながるという意味で、とても有用です。血行の促進などから、科学的に認知症予防にアプローチできる回想法は、今ではさまざまな高齢者施設で取り入れられています。