デイケア

デイサービスとデイケアの違いとは?利用目的に応じて決めよう!

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとデイケアの違いについて見ていきます。

介護サービスには、いろいろな種類があります。今回はそのなかでも、混同しがちな「デイサービス」と「デイケア」の違いに焦点をあてていきましょう。

1.そもそもデイサービスとデイケアって何?

デイサービスもデイケアも、「通所サービス」であることは共通しています。どちらも、「基本的には在宅なのだけれども、必要に応じて、施設に足を運んで受ける介護サービス」なのです。そのため、入居型のサービスとは差別化されます。

関連記事:介護サービス|24種類のサービス全まとめ

1-1. デイサービス(通所介護)

「デイサービス」というのは、「施設で、入浴などのサービスを受ける」というものです。機能訓練や食事の世話などをしてくれるところもあります。家族の介護の負担軽減なども目的としています。

1-2.デイケア(通所リハビリテーション)

対して、デイケアは、リハビリテーションを目的としたものであり、特に「機能の回復」に重点をおいたものになります。

2.デイサービスとデイケアの大きな違い

上では、デイサービスとデイケアの概要についてみてきました。しかし、これだけでは、「結局何が違うの?」と疑問に思う人もいるでしょう。そこでここからは、より具体的に、2つを差別化してお話していこうと思います。

2-1.目的の違い

デイサービスは、あくまで、「生活の身の周りの世話」を基本としたものです。それに対して、デイケアは、「リハビリ」に重きを置いたものであり、「訓練」という意味合いが強いです。

しかしそうは言っても、「デイサービスにも機能訓練があるんでしょう?」と思われる人もいるはず。次項では、「機能訓練」と「リハビリ」の違いを解説します。

2-2.従業員の違い

「機能訓練」と「リハビリテーション」は、しばしば混同して使われます。しかし、この2つには、実は違いがあります。

リハビリも機能訓練も、両方とも「機能の向上」を目的としますが、リハビリテーションと銘打つ場合、医師の指導のもと、特定の資格を持ったスタッフが指導にあたる必要性が出てきます。作業療法士や言語聴覚士、理学療法士や看護師といった人材です。

しかしながら、「機能訓練」とした場合、必ずしもこれらの専門的な人材が必要になるわけではありません。介護職であったとしても行うことができます。

もちろん、デイサービスにおいて、「作業療法士などがいてはいけない」という規約があるわけではありません。しかし、「デイケア」と銘打ち、「リハビリテーション」を行う場合は、専門資格のある人が訓練を受け持つ必要があります。

2-3.設備の違い

デイケアの場合、「リハビリ専用のための部屋」を用意し、かつ、リハビリに必要な器材などをそろえておく必要があります。このようなところからも、「目的の違い」がわかるでしょう。

3.ショートステイ

今までは、デイサービスとデイケアの違いに着目してきました。しかしそれ以外にも、「ショートステイ」というサービスがあることもご説明しておきましょう。

これは、「短期的に施設に入所し、身の周りの世話を受ける」というものです。家族のリラックスや旅行などのときに便利に使えます。ちなみに、連続使用期間は30日以内となっています。

関連記事:ショートステイにかかる料金の目安は?料金を決める4つの条件

4.利用の前に介護サービスの主目的を確認しよう

このように、「基本は家で介護をしており、状況に応じて施設を利用する」という場合でも、その種類はさまざまです。

何を目的としてサービスを受けるのか、ということを明確にしておきましょう。

5.まとめ

デイサービスとデイケアの違いについて見てきました。

デイサービスとデイケアの主な3つの違い
1.目的の違い
2.従業員の違い
3.設備の違い

デイサービスとデイケアは間違えやすいものですが、目的も従業員も違います。また、便利に使えるショートステイは、連続使用期間が決められているため、確認が必要です。上手に利用していきたいですね。

介護サービス|24種類のサービス全まとめ

介護サービス 種類

介護サービスの種類について見ていきます。

「介護サービス」と一口にいっても、その種類は非常に豊富で、網羅するのが難しいほどです。

今回はこの「介護サービス」を、少しでもわかりやすくするために、分類してお話していきましょう。

1.介護サービスとは?

介護サービスというのは、とても簡単に言えば、「介護や支援を必要とする人が受けられるサービス全般」のことです。当然、介護の度合いや環境、希望によって受けるべき・受けたい・受けられるサービスは変わってきます。

2.24種類の介護サービス

何度も述べていますが、介護サービスにはさまざまな種類があります。ここではその特徴をざっくりとお話ししましょう。

2-1.介護の相談・ケアプラン作成

介護の相談やケアプランの作成は、あらゆる介護サービスの基本となるものです。介護サービスを受けるには、まずは「相談」から始まる、と考えておくとよいでしょう。

2-1-1.居宅介護支援

ケアマネージャーが作成するものです。その人の自宅を訪れ、「できる限り、今の家で、居を移すことなく、生活を営めるように」という目的のもと、プランを作成します。このときに作成した、「必要とされるであろう介護サービスの計画」などを基本に、日々の生活の在り方を検討します。

2-2.自宅に訪問

自宅まで来てもらって介護サービスを受けるタイプです。

2-2-1.訪問介護

生活全般のサポートをするものです。食事や掃除、あるいは日常生活を送る上で必要な買い物業務、入浴介護などがこちらに分類されます。

2-2-2.訪問入浴

これには2通りの考えがあります。「バスタブやお湯などを持ち込んで行う、訪問入浴介護」と、「自宅の風呂などを使って行う、訪問介護のサービスとしての入浴介護」です。

関連記事:訪問入浴介護ってどんなサービス?料金や利用方法について

2-2-3.訪問看護

訪問看護と訪問介護は違います。介護が「身の周りの世話」にとどまるのに対し、訪問介護は医療的なケアを行います。カテーテルの管理などがこれに当たります。

2-2-4.訪問リハビリ

身体の機能の向上や維持を目的としたリハビリを実施します。

2-2-5.夜間対応型訪問介護

「夜の間の介護」に対応しています。排泄など、夜中であっても介護が必要なことがここに含まれます。また、安否の確認なども行われます。これは、「夜間である」ということもあり、要支援のレベルの人は使えず、対象となるのは要介護以上の人です。

2-2-6.定期巡回・随時対応型訪問介護看護

「時間などを制限せず、できるだけフレキシブルに対応しよう」というのがこの定期巡回・随時対応型訪問介護看護の考え方です。介護と看護は高齢者支援の場合明確にわけられますが、この定期巡回・随時対応型訪問介護看護の場合は、一体化しており、利用者の困惑が少ないのも嬉しいポイントです。対象者は要介護以上。

2-3.施設に通う

自宅で介護を受けるのではなく、施設まで行ってサービスを受けるタイプです。

2-3-1.通所介護(デイサービス)

高齢者施設に通って、身の周りの世話をお願いする、というものです。もっともよく知られているのは、この「デイサービス」かもしれません。

関連記事:3つの利用条件から判断できるデイサービス料金の目安とは?

2-3-2.通所リハビリ

「デイケア」とも呼ばれるものです。施設に通う、ということではデイサービスと同様であり、入浴などに関してはサービスも同じです。しかし通所リハビリの場合、「機能の向上や維持を目的としたリハビリが行われる」という点で、大きな特徴があります。ちなみに、デイサービスでも機能訓練を行っているところがあります。

しかしデイケアの場合は、「作業療法士や言語聴覚士、理学療法士が必須である」という条件があるのに対し、デイサービスの場合は、「これらの資格を持った人が従事することは、必ずしも必須ではない」という違いがあります。

関連記事:デイサービスとデイケアの違いとは?利用目的に応じて決めよう!

2-3-3.療養通所介護

「医療との連携」が最大の特長です。認知症や重度の要介護者、常時観察を擁する患者などを対象としたものであり、これが大きな違いとなっています。

2-3-4.認知症対応通所介護

名前の通り、認知症の患者さんを対象としたものです。介護の度合いは問われず、認知症を患っている人の場合は、要支援であっても利用できます。

2-4.訪問・通い・宿泊を組み合わせる

介護は、「これ以外選べない」というものではありません。さまざまな選択肢を組み合わせることができます。

2-4-1.小規模多機能型居宅介護

基本的には、「施設に通うこと」を中心にします。しかし、場合によっては施設に宿泊したり、訪問介護をうけたりすることができます。

2-4-2.複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)

小規模多機能型居宅介護に看護サービスを組み合わせたもの、と理解するとわかりやすいでしょう。介護だけでなく、看護の観点からもサービスを受けられます。

2-5.短期間の宿泊

「老人ホームへの入所」は、「永続的なもの」である、と考える必要はありません。短い期間での入所もあります。

2-5-1.短期入所生活介護(ショートステイ)

食事の世話などをしてもらえる施設への短期入所です。介護する側、介護される側、両方の気分転換としてもどうぞ。

関連記事:ショートステイにかかる料金の目安は?料金を決める4つの条件

2-5-2.短期入所療養介護

介護だけでなく、看護やリハビリを受けることもできる短期の入所サービスです。

2-6.施設などで生活

施設などでの生活は、「居を移す」ということですから、非常に大きな意味を持ちます。

2-6-1.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

「特養」とも呼ばれるものです。競争率は高いものの、一度入ってしまえば、介護度が進んでも、退去する必要はあまりありません。

関連記事:入所難易度が高くなっている?特養老人ホームの入所条件とは

2-6-2.介護老人保健施設

「老健」とも呼ばれるものです。リハビリなどを重視し、「家に帰ること」を目的として訓練が行われます。

関連記事:「特養」と「老健」はどう違う?理解しておきたいその違いとは?

2-6-3.介護療養型医療施設

名称からもわかるように、「医療との連携」がとれており、長期間の療養にも対応しています。

2-6-4.特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、軽費老人ホームなど)

「介護認定を受けた人間であり、かつこれらの設備で暮らしている人間が利用できる介護」を指します。これらは施設によっても考え方が違うので、事前に確認しておきましょう。

2-7.地域密着型サービス

名前の通り、その地域に暮らす人が恩恵を受けられるものです。

2-7-1.認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症を患った人が入ることのできるものです。一般的に「グループホーム」と呼ばれますが、この名称自体は認知症対応型共同生活介護でなくても使えます。

関連記事:グループホームとはどんな施設なのか?入居の際の5つのポイント

2-7-2.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

要介護以上の人が使えるものであり、30名以下の特養が日常的な介護を必要とする人にサービスを提供します。やれることは、身の周りの世話から、療養、機能訓練までです。

2-7-3.地域密着型特定施設入居者生活介護

こちらは、有料老人ホームや軽費老人ホームが提供するサービスで、身の周りの世話をお願いできます。

関連記事:しっかり理解しておきたい軽費老人ホームの3つの種類

2-8.福祉用具を使う

福祉事業の一環として、「道具(用具)の貸出や販売」もされています。

2-8-1.福祉用具貸与

福祉用具というのは、買うとなかなか高額になるもの。しかしこれらは、レンタル品として借りることができます。しかも、1割負担です。

2-8-2.特定福祉用具販売

1年間で10万円以内なら、1割負担で福祉用具を買える、というもの。対象品目は5つで、「便座」「自動排泄処理装置の交換部品」「入浴の補助をするための道具」「浴槽」「移動用リフトのつり具」です。

3.まとめ

介護サービスの種類について見てきました。

24種類の介護サービス
1.居宅介護支援
2.訪問介護
3.訪問入浴
4.訪問看護
5.訪問リハビリ
6.夜間対応型訪問介護
7.定期巡回・随時対応型訪問介護看護
8.通所介護(デイサービス)
9.通所リハビリ
10.療養通所介護
11.認知症対応通所介護
12.小規模多機能型居宅介護
13.複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)
14.短期入所生活介護(ショートステイ)
15.短期入所療養介護
16.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
17.介護老人保健施設
18.介護療養型医療施設
19.特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、軽費老人ホームなど)
20.認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
21.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
22.地域密着型特定施設入居者生活介護
23.福祉用具貸与
24.特定福祉用具販売

介護サービスの種類24種類で、それぞれに違いがあります。自分に必要なサービスを選びましょう。

参考:
http://www.kaigokensaku.jp/publish/

訪問入浴介護ってどんなサービス?料金や利用方法について

訪問入浴介護

訪問入浴介護について見ていきます。

介護サービスのなかには「訪問入浴介護」というものがあります。

1.訪問入浴介護とは?

訪問入浴介護とは、その名前の通り、介護士が家を訪れ、入浴の介助を行うものです。家に、バスタブとお湯が持ち込まれます。

2.入浴することのメリット

入浴は身体を清潔にする目的以外にもさまざまなメリットがあります。

2-1.血行・リンパの流れが改善

お風呂に入ると、血行やリンパの流れがよくなることは、よく知られています。血行の流れをよくすることには、さまざまなメリットがあります。体の細胞に栄養や酸素を届けるのは赤血球の働きですが、血行がよくなることは、この赤血球の「運搬効率」をあげることにつながります。全身の循環がよくなるので、リンパのめぐりもよくなります。

2-2.むくみの予防

顔を洗った後などは、むくみがとれて、顔が細くなることがありますよね。むくみを解消するために、入浴というのは、非常に効果的なのです。予防の効果もあります。

2-3.リフレッシュ

温泉などにいかれた人は良く分かると思うのですが、お風呂につかるのは、簡単にできるリフレッシュ方法です。仕事が忙しい人などにも、「ゆっくりと、時間をかけて行う入浴」は勧められています。体のリラックス効果だけでなく、心の緊張もほぐしてくれるのです。

2-4.感染症の予防

お風呂は、不衛生な状態にしたまま使うと感染症の温床となります。しかしきちんと手入れされたバスで、きちんと手入れを行い、体を清潔に保つことは、感染症の予防につながります。

2-5.マッサージ効果

「水圧」というのは、マッサージ効果があると言われています。心地よさと同時に、疲れをいやす効果があり、非常に有用です。

3.訪問入浴介護の流れ

介護サービスによってわずかな違いはあるかもしれませんが、基本的には、訪問入浴介護というのは一定の流れをたどります。

  1. スタッフが家にやってくる
  2. 健康状態をチェックする
  3. 入浴するためのお湯張りなどを行う
  4. 介助、手助けをしながら、バスに移動
  5. 洗髪と洗顔を行う
  6. 体を洗う
  7. 湯船のなかで、入浴を楽しむ
  8. バスから出て、水分を拭き取り、着替えを手伝う
  9. ベッドへの移動を助ける
  10. 再度の健康チェック
  11. スタッフによる清掃

4.訪問入浴介護を利用するにあたっての注意点

入浴というのは、意外なほど体力を使うものです。年を取った身で一人で行うのは大変です。家族による介護で入るにしても、家族に体力的な負担がかかります。このため、訪問入浴介護を利用することは、非常に有効です。しかしながら、この便利な訪問入浴介護にも、注意点があります。

4-1.着替え、タオルなどは自分で用意

基本的に、着替えやタオルの準備は自分で行う必要があります。洗濯などの作業さえも難しい、という場合であれば、家族の手などを借りて、事前に用意しておくとよいでしょう。

4-2.浴槽を置くスペースの確保

介護用のバスタブを持ち込んでの訪問入浴介護の場合、そのバスタブを置くためのスペースの確保が必要です。ある程度広い部屋ならば問題はないのですが、不安があるならば、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

4-3.希望は事前確認

訪問入浴介護で使う石鹸の指定をしたい、という場合や、シャンプーを使っていいのか悪いのかなどの希望や制限があるのであれば、これも前もって問い合わせておくようにしましょう。訪問入浴介護の場合、当日その場で希望を伝えても、対応できないこともあります。

5.訪問入浴介護の料金

訪問入浴介護が便利なものだということは、わかっていただけたと思います。そうしたら、次に気になるのは、「料金」ですよね。これは、要支援状態と要介護状態のときでは違いがあります。

5-1.要支援

まずは、「基本的な行動は自分でできる」という要支援の場合から見ていきましょう。

5-1-1.清拭

清拭というのは、「タオルなどで体を拭き、清潔に保つこと」を意味します。要支援状態のときは、1回あたり、584円となります。(ここでいう「1回あたりの料金」は、すべて「自己負担額」を指します)

5-1-2.部分浴

部分浴は、清拭と値段は変わりません。同じ584円です。

5-1-3.全身浴

私たちがイメージする「お風呂」「入浴」のイメージにもっとも近いのがこれでしょう。これの場合は、1回あたり834円です。

5-2.要介護

要支援にかかる人員が、看護師1名と介護スタッフ1名の2名体制であったのに対し、要介護の場合は、看護師1名と介護スタッフ2名の3名体制です。そのため、当然料金は要支援の場合よりも高くなります。また、訪問入浴介護の場合、「介護の度合い」によって料金が変動することはなく、要介護1~要介護5まで、すべて同じ料金です。(要支援の場合も同様)

5-2-1.清拭

清拭は864円です。要介護の場合、清拭であっても、要支援のときの「全身浴」よりも価格設定が高くなります。

5-2-2.部分浴

要支援のときの「清拭」と「部分浴」が同じ料金であったように、要介護のときも、「清拭」と「部分浴」の料金は同じです。864円です。

5-2-3.全身浴

要介護の人の「全身浴」の1回あたりの料金は1,234円です。

参考:http://www.kaigokensaku.jp/publish/group3.html

6.入浴介助を行う他サービスと料金

6-1.訪問介護

「訪問介護における入浴介護」と「訪問入浴介護」はしばしば混同されます。今までとりあげてきた「訪問入浴介護」の場合は、「介護者がバスやお湯を持ち込み(一部、山間地方などで大きな車が入れないところの場合は、お湯を利用者の家の水道からとることはある)、部屋でお風呂に入る」というサービスです。

対して前者の場合、「その人の家の浴槽を使う」という違いがあります。この2つは明確に分けられており、料金形態も違います。前者の場合は、「時間」での単位となり、30分~1時間で400円程度です。

6-2.通所介護(デイサービス)

「施設にいって、生活の世話をしてもらう」というのがデイサービスの利用方法です。これは介護度合によって決められ、677円~1125円です。

6-3.通所リハビリテーション(デイケア)

デイサービスとデイケアの違いは、「リハビリに重きを置いているかどうか」の違いです。しかしながら、この2つは、「訪問して、入浴をする」という点から言えば、差異はありません。助けを借り、その施設の風呂を利用する、という点ではまったく同じで、サービスにも違いはありません。料金は688円~1303円。

7.まとめ

訪問入浴介護について見てきました。

家に、お湯やバスタブまでを持ち込み、介護をしてもらえる訪問入浴介護にはさまざまなメリットがあります。

しかしこれ以外にも、訪問介護の入浴サービスや通所型もあるので、よく検討しましょう。

参考:
http://www.kaigokensaku.jp/publish/group3.html
http://www.yasashiite.com/subdomains/div_page/04/2/
https://www.saint-care.com/service/visit_bathing/
http://news.kaigonohonne.com/article/200
http://www.earthsupport.co.jp/care_service/insured/visiting_bath/contents.php
http://allabout.co.jp/gm/gc/374507/
http://www.fukushinet-akita.com/kaigostudy/side04_01.html
http://www.fukushinet-akita.com/kaigostudy/side04_02.html#s04_02_00