原因

ヒートショックの死亡者数は交通事故の4倍!今日からできる7つの対策

ヒートショック

ヒートショックについて見ていきます。

「ヒートショック」という言葉をご存じでしょうか。

ヒートショックとは、急激な温度変化が原因で生じる身体変化のことで、特に高齢者の身近にひそむ死亡要因の一つです。

脱衣所や浴槽などでクラッとした経験をみなさん一度は持っていると思いますが、実はその症状こそヒートショックと呼ばれるものです。

家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1がヒートショックに関係しているとされ、早急な対策が呼びかけられています。

そこで、ヒートショックを予防するために、この症状の注意点と対策を詳しく見ていきましょう。

ヒートショックの特徴を抑えておけば、今日からでも対策することは可能です。

ここでは、ヒートショックの詳しい内容と7つの対策を紹介します。

1.ヒートショックとは?

ヒートショックとは

  • 急激な温度変化によって起こる健康被害
  • 冬場の入浴で多く症状が現れる
  • 年間死亡者数は交通事故による死亡者数の4倍以上

ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって血圧が上下に大きく変動することをきっかけにして起こる健康被害のことです。

失神や心筋梗塞、脳梗塞、不整脈を起こすことがあります。

入浴時に血圧が急激に低下してしまい、そのまま失神して溺れてしまうケースもヒートショックに当てはまります。

1-1.冬場の入浴時にヒートショックが増える

東京都健康長寿医療センター研究所の調査によると、特に外気温が低くなる12月から1月にかけてヒートショックに関連する入浴中急死は最も高くなり、最も少ない8月の11倍にもなります。

住宅内で暖房をしていない脱衣所や浴室で衣服を脱ぐことで、急激に体温が下げられ、寒冷刺激によって血圧が急激に上がります。

しかし、浴そうにつかっていると温熱効果で血流が良くなるため、急激に血圧が低下します。

そして、温まった身体で寒い脱衣所に戻ることで、再び血圧が上昇します。

この血圧の変動がヒートショックを引き起こす要因となります。

1-2.ヒートショックによる死者は年間1万7000人

東京都健康長寿医療センター研究所がおこなった調査では、2011年に全国で約1万7000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死にいたった、と推計されました。

交通事故による死亡者数の4倍以上であり、そのうち高齢者は8割を超える1万4000人にもおよびます。

1-3.ヒートショックの認知度は国民の約半数

ヒートショックの要因を認知促進し、予防対策を啓発していく暖差リスク予防委員会は、2014年10月に全国の20~70代の男女2500人を対象に、冬の住宅に関する調査を実施しました。

調査の結果、約半数の人がヒートショックという言葉自体を知らないということがわかりました。

ヒートショックは危険な症状ですがしっかり対策することができます。

そのためには、まずはヒートショックについて知ることが大切です。

2.ヒートショックの影響を受けやすい人

ヒートショックになりやすい人

以下に当てはまる人は、ヒートショックの影響を受けやすいため、特に注意が必要です。

  • 65歳以上の高齢者
  • 高血圧・糖尿病・動脈硬化を患っている
  • 不整脈がある

高齢者は血圧変化をきたしやすく、また体温を維持する生理機能も低下しているため注意が必要です。

高血圧の人は血圧の急激な変化に伴って低血圧を起こしやすいため、意識を失うことが懸念されます。

糖尿病や動脈硬化を患っている人も、血圧のスムーズな維持が難しくなっているため、注意が必要です。

また、飲酒後に入浴をする人、熱い湯・一番風呂を好む人もヒートショックの影響を受けやすいです。

3.ヒートショックを予防する7つの対策

ヒートショックへの対策

ヒートショックの予防には、急激な温度差をなくすことが重要です。

そのための具体的な対策を見ていきましょう。

3-1.脱衣所やトイレに暖房器具を設置

冷え込みやすい脱衣所やトイレをあたためることは効果的な対策の一つです。

居間と浴室の温度差をなくすことで、身体に急激な温度変化を与えないようにしましょう。

高齢になるほど気温や室温に対する感覚は鈍ってくるため、「寒くないからだいじょうぶだ」と何もしないのではなく、暖房器具を置いて入浴前にあたためておくようにしましょう。

ハロゲンヒーターのように、スイッチを入れてすぐあたたかくなる暖房器具が向いています。

3-2.浴室をあたためておく

脱衣所があたためられていても浴室が冷えたままでは効果は半減します。

あらかじめ浴そうのふたを開けておいたり、シャワーを活用してお湯張りをしたりすることで浴室をあたためておきましょう。

高い位置に設置したシャワーから浴槽へお湯を張ると、浴室全体をあたためられるため効果的です。

3-3.お湯の温度を38~41度に設定

シャワーや浴そうの温度が高いと入浴後の体温と浴室・脱衣所との温度差が大きくなるため危険です。

そのため、温度差を小さくするためにもお湯の温度は41度以下に設定しておくことがおすすめです。

3-4.飲酒時には入浴をしない

食後一時間以内や飲酒後は血圧が下がりやすくなっていて、入浴前後の血圧の変動が大きくなるので、ヒートショックになりやすいです。

食事・飲酒の前に入るよう心がけ、もし食後・飲酒後に入浴する場合は1~3時間程度、間を置くようにしましょう。

3-5.夕食前・日没前に入浴する

14~16時頃のように、外気温がまだ高く、人の生理機能が活動的だと温度差へ適応しやすいので、夕食前や日没前の入浴が効果的です。

3-6.家族がいるときに入浴する

家に一人のときに入浴し、万が一ヒートショック状態になってしまった場合、自分ではどうにもできません。

家族がいる時間に入浴するようにし、入浴前には入浴することを知らせてから入るようにしましょう。

ひとり暮らしの人や、家族と時間を合わせるのがむずかしい人は、公衆浴場や銭湯など人の目があるところで入浴するのも一つの方法です。

3-7.入浴前後にコップ1杯の水を飲む

体内の水分が不足すると高血圧になりやすいので、入浴の前後に水分補給をすることがおすすめです。

お湯の中につかっているため気づきにくいですが、入浴中にかく汗の量は500~800mlともいわれています。

1本のペットボトルに水を入れて、浴室に持ち込み、入浴後に飲み切れるよう、入浴前~入浴中に少しずつ飲むのもいいかもしれません。

4.入浴の仕方でもヒートショックを回避

ヒートショックを防ぐ入浴方法

入浴のしかたを一つとってもヒートショックの回避につながります。

急激な温度変化を起こさないようにする意識が大切です。

  1. 徐々に身体を温めるように手や足といった末端の部分にかけ湯をする
  2. 足からゆっくりと湯船に入る
  3. 長湯はせず、ほんのりと汗ばむ程度で出る
  4. 急に立ち上がらず、ゆっくり湯船から出る

5.まとめ

ヒートショックについて見てきました。

ヒートショックを防ぐ6つの対策
1.脱衣所・トイレに暖房器具を設置
2.浴室を暖めておく
3.お湯の温度を38~40℃に設定
4.飲酒時には入浴をしない
5.夕食前・日没前に入浴する
6.一人での入浴を控える

ヒートショックは高齢者の大きな死亡要因です。

冬場の脱衣所・浴室・トイレなど、冷え込みやすく急激な温度変化が生じやすい場所で起こりやすいことを踏まえ、対策をしましょう。

確認しておきたいレビー小体型認知症の原因と症状

レビー小体型認知症 原因

レビー小体型認知症の原因について見ていきます。

認知症にはさまざまな種類があります。アルツハイマー、脳血管性、レビー小体型認知症など。今回はレビー小体型認知症の原因についてお話していきます。

1.レビー小体型認知症とは?

レビー小体型認知症は、幻覚が見えるという特異な認知症です。これが、アルツハイマー型との大きな違いです。しかしレビー小体型認知症の割合は、認知症全体の20%程度を占めるものであり、決して珍しいものではありません。男性に多い病であり、その男女比は2:1だと言われています。

関連記事:レビー小体型認知症とは?第二の認知症と呼ばれる病

2.レビー小体型認知症の原因

では、この「レビー小体型認知症」の原因は何なのでしょうか?

2-1.特殊なたんぱく質の塊「レビー小体」

レビー小体型認知症の原因は、レビー小体が集中することだと言われています。レビー小体は、アルツハイマーを引き起こす「アミロイドβ」と同じような「タンパク質」に分類されるものです。このレビー小体が、人間の脳において重要な役割を示す大脳皮質や脳幹に集うことによって、レビー小体型認知症が起こると考えられています。

2-2.脳の委縮

レビー小体型認知症を患うと、側頭葉や側頭葉などが委縮していきます。これらは、記憶やさまざまな情報をさばくことに使われている部分ですから、ここが委縮することによって、「情報の処理ができなくなる」という状態になります。幻視や幻覚といったことは、これらによって起きると考えられています。

3.レビー小体型認知症の症状

ここからは、より細かく、レビー小体型認知症の症状についてみていきましょう。

関連記事:幻視が危険信号!レビー小体型認知症に見られる主な3つの症状

3-1.レビー小体型認知症の「3微」

レビー小体型認知症の代表的な症状は、「3微」と呼ばれています。これは、「幻視」「認知機能の動揺」「パーキンソン症状」の3つです。

3-1-1.幻視

レビー小体型認知症のもっとも代表的な症状は、やはりこれでしょう。普通は見えないはずのものが見える、というのが大きな特徴です。また、錯覚が起きることもあります。

これらは周囲の人には見えないため、「何を言っているんだ」と否定してしまいがち。しかし否定されることによって、さらに本人は追い詰められてしまいます。

3-1-2.認知機能の動揺

レビー小体型認知症の場合、症状が進んでも、「意識がはっきりとしており、極めて明瞭であるとき」と、「ぼんやりしていて、理解ができないとき」というのが口語に訪れることがよくあります。「徐々に進んでいく」という症状ではないため、周囲の人のとまどいも大きいです。

3-1-3.パーキンソン症状

パーキンソン病に酷似した症状がでてきます。体の動きが病的に硬くなってしまったり、逆に震え(多くの場合は手)が止まらなくなったりします。また、自律神経機能に障害がみられるようになり、排泄などがうまくいかなくなることもあります。

4.レビー小体が蓄積する理由

レビー小体型認知症になるのを避けたい、と考える人は当然多いでしょう。しかしながら、このレビー小体型認知症が「なぜ」たまるのか、ということは、現在は研究途上であり、まだはっきりしたことはわかっていません。ただ、遺伝的な要因は少ないのではないか、とは考えられています。

5.レビー小体型認知症研究会

認知症自体がそうではありますが、レビー小体型認知症もまだまだ研究途上の病気です。また、「認知機能の動揺」や「幻視」によって、周りの人たちがなかなか理解しにくい病気であることも確かです。

しかし現在は、「レビー小体型認知症研究会」というページが開かれており、さまざまな知識を紹介しています。一度覗いてみるとよいでしょう。

6.まとめ

レビー小体型認知症の原因について見てきました。

レビー小体型認知症の原因
「レビー小体」が集中することだと言われています。レビー小体は、アルツハイマーを引き起こす「アミロイドβ」と同じような「タンパク質」に分類されるものです。

アルツハイマー型認知症と同じく、認知症の代表的な例である「レビー小体型認知症」。幻覚が見えたり、症状の出方がバラバラであったりするため、周囲の人にとってもなかなか理解しにくい病気です。しかしながら、この病気を正しく理解することにより、対策も講じやすくなります。まずは知ることから始めましょう。

参考:
http://www.d-lewy.com/
http://shizunami-kokoro-clinic.com/ninchi/lewy/
http://sodan.e-65.net/basic/ninchisho/lewy.html
https://info.ninchisho.net/mci/k30

徹底調査!アルミが原因でアルツハイマーになる危険性はあるのか?

アルミ鍋

「アルミニウムの影響でアルツハイマー型認知症になってしまう」。そんな説を聞いたことはありますか? 一時期、「アルミニウム鍋を使っていると認知症になる」といった噂まで広まりました。アルミニウムは、鍋だけでなくその他の日常用品にもよく使われているありふれた素材ですが、本当に認知症の原因となってしまうことがあるのでしょうか?

1.「アルミニウムでアルツハイマー」は否定派が多い

1-1.「アルツハイマーの原因になるかどうか」よくわかっていない

結論としては「よくわかっていません」。アルミニウムとアルツハイマーとの関連性を訴える説に対し、明確に否定するような根拠がないためです。

1-2.公的機関は「アルミニウム原因説」否定派が大多数を占める

ただし、「アルミニウムによる影響でアルツハイマーになる」という考えを支持する説は非常に少なく、特に公的機関ではこの考えに否定的な発表が多く見られます。

2.「アルミニウム原因説」とは?

そもそもなぜアルツハイマーの「アルミニウム原因説」が出てきたのでしょうか?

2-1.地下水のアルミニウムイオン濃度が高い地域に認知症

地下水にアルミニウムアルミニウムイオン濃度が高い地下水を常飲していたと考えられる地域で、認知症患者が多いとされていました。

第二次世界大戦後に米軍がグアム島を統治した際に、島民の老人たちに認知症の割合が高いことが認められ、地下水を検査すると高濃度のアルミニウムイオンが確認されました。

また、日本の紀伊半島でアルツハイマー患者が非常に多い地域がありました。こちらも同様に地下水のアルミニウムイオンが高濃度であったことが確認されています。

いずれの場合も、他所からの給水や上水道の完備を進めることにより(アルミニウムイオン濃度の低い水を飲むようになったことで)、認知症患者の割合が減ったことから、アルミニウムがアルツハイマーの原因である、とする説がうまれました。

ただし、飲用の水のアルミニウムイオン濃度とアルツハイマーの発症に関連性が見られないという研究報告もあります。近年ではアルミニウムとアルツハイマーの関連性について否定的な説が多く見られる傾向があるようです。

2-2.アルツハイマー患者の脳からアルミニウム検出

脳にアルミニウムカナダのある学者の研究によると、アルツハイマー患者の脳から健常者の数十倍ものアルミニウムが検出されたそうです。この研究結果も「アルミニウム原因説」の一つの根拠という見方をされています。

2-3.「アルミニウム原因説」に対する日本での反応

上記のカナダの研究結果の例について、1996年に毎日新聞が報道したところ、大きな反響を呼ぶ結果になり、他の新聞社も追随した記事を掲載しました。このときから「アルミニウム原因説」が世間で注目を浴び、いまでもこの説を支持する層がいます。

アルミニウムに関する新聞報道これにより、「アルミ鍋」などのアルミ製品への拒絶が始まり、「アルミ鍋を使うと認知症になる」という噂が一気に広がりを見せました。

3.実際、アルミニウムは「毒」なのか?

では、私たちの身の回りにあふれているアルミニウムですが、実際にアルツハイマーの原因になったり、人体に悪影響を与えたり、ということはあるのでしょうか?

3-1.アルミニウムの毒性

毒性の薬物動物実験では、ラットに対しアルミニウムを多量に投与した際に、腎臓や膀胱への影響が見られました。その他にも握力の低下も認められています。

人体において同様の影響は明確には確認されておらず、アルツハイマーの原因となっているかの具体的な根拠もいまのところありません。

3-2.アルミニウムの摂取に関する許容摂取量について

国際機関であるJECFA(FAO/WHO Joint Expert Committee on Foood Additives;FAO/WHO 合同食品添加物専門家委員会)が定めるアルミニウムの許容摂取量は、体重1kgあたり1週間に2mg、体重50kgの人であれば1週間に100mg(約14mg/日)です。

これは決して「これ以上摂取してはいけない」という基準ではなく、「これだけ摂取し続けても、一生涯健康に悪影響はない」というものなので、かなり低い水準で見積もりされています。そのため、実際にはこの許容摂取量を大きく超えるような量を摂取しても、短期的なものであれば特に問題ないだろうと考えられています。

3-3.一般的な生活で摂取するアルミニウムの量

一般的な食事WHOの報告によると、アルミニウムの1日あたりの摂取量は2.5~13mgとのことです。地域差や食生活に大きく左右されます。

調理器具や保存容器などすべてアルミニウム製品を使ったとしても、容器由来のアルミニウム摂取量は最大で6mg/日程度なので、JECFAの許容摂取量内か、わずかに超えるくらいにおさまるといえるでしょう。

3-4.摂取したアルミニウムはどうなる?

ちなみに食べ物などから摂取したアルミニウムはどのようになるのでしょうか?

約99%は体内に吸収などされることなく、そのまま体外に排出されます。また、残りの1%もほぼすべてが腎臓を通り、尿として排泄されるので体内にはほとんど残りません。

3-5.身近な食材のアルミニウム含有量

実施に普段口にする食材のアルミニウム含有量は以下の通りです。

食材 アルミニウム含有量
玄米 0.12mg
菜っ葉類 0.12mg
根菜類 0.26mg
肉類 0.18mg
0.2mg
貝類 3.8mg
海藻 8.5mg

※食材100mgあたり

種類や部位によっても若干の変動はあるため、あくまで目安と考えていただきたいのですが、海藻や貝類に多く含まれていることがわかります。

食品添加物また、ミョウバンなどの膨張剤や、色止め剤、着色料といった食品添加物の一部にアルミニウムを多く含むものがあります。これらは、現状では使用基準はないものの、各食品メーカーなどに使用量の自主的な低減化などを厚生労働省が求めています。

4.まとめ

影響の可能性が0%ではないため、科学では「絶対にない」とすることはなかなかできません。どうしても気になるならアルミニウム製品を使わず、アルミニウムが含まれる食材を食べないという生活を心がけることです。

参考:
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail970.html
http://www.omicsonline.org/2161-0460/2161-0460-3-118.php?aid=16579
http://www.rouninken.jp/member/pdf/16_pdf/vol.16_07-19-02.pdf
http://www.niph.go.jp/journal/data/42-4/199342040005.pdf
http://www.aluminum.or.jp/aluminum-hc/p_3/index.html
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuten/aluminium/