入居困難な養護老人ホーム|入居条件とサービス内容について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
養護老人ホーム

養護老人ホームについて見ていきます。

養護老人ホームは経済的に豊かでなかったり、身よりがなかったりして行く所がない65歳以上の方を受け入れている施設です。しかし、入所には自治体の審査が必要で入所するにはなかなか困難なのが現状。

養護老人ホームに入れないとなると、介護保険を利用して他の施設に入所しなければなりません。

しかし低料金で入れる特別養護老人ホームなどは、何年も待たないと入れない状況です。最後の砦とも言える養護老人ホームについて知っておきましょう。

1.社会復帰を目指す公的な施設

養護老人ホームは経済的な理由や身よりのない人、身体的にも一人で生活できない人、家庭で虐待などを受けているなどトラブルを抱えている人を対象とした、福祉施設です。自立した生活や社会復帰を目的に、必要なケアや訓練を行います。

自立した人が対象となるのでサービス内容としては、介護や生活支援というより、食事の提供やクラブ活動、地域交流活動など社会とのコミュニケーションを取るような活動内容がメインとなります。事業者によりますが、介護が必要な場合は介護サービスを受けられることもあります。

1-1.入居条件は厳しい?

養護老人ホームに入居できるのは、介護を必要としない65歳以上の方です。心身に障害があり日常生活を営むことができない、住むところがない、住むところがあっても環境が悪い、家族との同居が困難である、といった場合や生活保護を受けている、などの低所得であることで生活ができないといったことが入居条件となります。また、要介護1以上の認定を受けている人は入居できません。

特別養護老人ホームと異なり介護施設ではなく、地方自治体の措置によって入所について判断されます。審査結果によって必要性の高い人から優先的に入所できることとなっています。しかし、入居については条件が厳しいのが特徴。介護が必要な人は入居できず、一定以上所得がある人や入院治療が必要な人も入居できないことが多いです。

年を重ねれば多くの人が持病を持っており、部分的な介護が必要となるケースもあります。そういった人たちでさえも入居できないのが現実です。

1-2.自立を促すサービス内容

養護老人ホームは自立を促し、社会復帰を目指すことを目的としています。そのため、入居者に対してどのようなケアをしたら、自立を促すことができるか、という点がサービス内容の重要なポイントとなります。

ケアの方法はそれぞれの施設によって異なりますが、入浴、掃除、洗濯など日常生活において自分でできることは自分で行うのが基本。スタッフは見守りを大切にしたサポートが求められます。

もちろん、手を差し伸べるべきところはおさえ、寄り添ったケアを行うことも大切です。入居者の中には自らコミュニケーションを取れない人もいるでしょう。孤独にさせることは避けなければなりません。

さらに人の輪の中に自然と入っていけるようなサポートが必要です。人との触れ合いの場を提供するのも施設の役割です。イベントなどを開催し、仲間と一緒に楽しむ時間を提供することが必要です。

快適な環境を作っているかという点も大事です。キッチンやリビングなどは快適に過ごせる広さと環境を保っているか、部屋の居心地はどうか、といった点も入居者にとって大切なこと。

健康管理の面においてのケアについてもチェックしておきたいものです。養護老人ホームを選ぶ際には、スタッフの対応や施設の環境などを確認することが必要です。

1-3.数の少ない養護老人ホーム

老後の生活を送る場所において、多くの選択肢を持たない人も少なくありません。そういった人たちにとって、行政措置である養護老人ホームは救いとなる場所でもあります。

しかし、実際には養護老人ホームの数が少なく、定員数も多くはありません。さらに入居条件が厳しいとあっては、入居するのは簡単ではありません。
地方自治体によっては、予算の問題などにより施設や定員を増やすのは難しいところも少なくないようです。自治体によっては、条件が異なり入所できるケースもあります。まずは地域の介護福祉課や地域包括支援センターなどに相談してみるといいでしょう。

養護老人ホームに入居してかかる月額利用料は、それぞれの自治体によっても異なりますが、0~10万円程度。他の施設などと比べると安い費用で入居できるものです。

しかし、条件が厳しくなかなか簡単に入居できないのが現実です。さらに、行政措置としての施設である養護老人ホームは、数も定員数も少ないもの。低所得で他に行く場所が見つからない人にとっての最後の砦とも言える施設なのですが、安心できる状況ではありません。

しかし、自立を促すサポートをする施設ですから、一人で孤独になりがちな人や人とうまくコミュニケーションを取れない人などを、上手にケアし支援してくれる施設でもあります。年を重ねていても、体が健康であればさまざまな楽しみ方ができるもの。それを教えてくれるのも養護老人ホームなのではないでしょうか。そういった施設に入居するためにも、あきらめずに自治体などに相談してみることをお勧めします。

2.まとめ

養護老人ホームについて見てきました。

「入居したい」と言ったからといって、すぐに入れる施設ではないですが、自分や家族に必要ならば早期に申し込み等の手続きを開始することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*